声優・高槻かなこ「四谷くんの性格がすごく好き」アニメ「100万の命の上に俺は立っている」の魅力を語る

拡大画像を見る

アーティストとして新たなステージを目指す声優・高槻かなこがお送りするTOKYO FMの番組「高槻かなこのROYAL Night」。7月3日(土)の放送では、ついに第2シーズンの放送がスタートした、高槻が主題歌を担当するアニメ「100万の命の上に俺は立っている」の魅力をあらためて振り返りました。


パーソナリティの高槻かなこ



そもそもアニメ「100万の命の上に俺は立っている」は、「別冊少年マガジン」に連載中の同名漫画(原作:山川直輝、作画:奈央晃徳)が原作。アニメの第1シーズンは2020年10月~12月までオンエアされ、この7月から第2シーズンがスタートしている人気作品です。そこで高槻は、第1シーズンではオープニングテーマ「Anti world」を歌唱。第2シーズンではエンディングテーマ「Subversive」を担当しています。

あらすじは、主人公の中学生・四谷友助が異世界に召喚され、ゲームマスターから与えられたクエストに挑んでいく、というもの。それだけを聞くと、シンプルな“異世界転生もの”に感じられますが、高槻は四谷の“性格の異色さ”に魅力を感じているそうです。

高槻:私は四谷くんの性格がすごく好き。超合理的というか、四谷くんがけっこうゲーム好きで“効率厨”なんですよ。私もゲーマーだから、ドラマとかアニメを観ていても“そこ、今しゃべってなかったら勝てたじゃん!”“もう効率悪いな!”みたいに思うときがあるじゃないですか。四谷くんは、効率のためだったら平気で仲間を切り捨てるような人。最初は、そんな性格なんですよ。

そして、異世界でのクエストが進むにつれ、“クリアしなければ、この世界が滅び自分たちも消えてしまう”ということが分かり、クエストもどんどん厳しくなっていきます。そして第2シーズンでは、さらなる過酷な戦いが待っています。ちなみに第1シーズンには、高槻もマジハパープル役で出演していました。

高槻:主人公の仲間に時舘由香(ときたて・ゆか)ちゃんって子がいて、彼らの世界のなかに「マジハシスターズ」というアニメがありまして、マジハパープルにすごく憧れていたっていう設定なんです。それで、(時舘由香が)ピンチのときに、自分の空想のなかのマジハパープルが“何をやってるの?”って助けに来てくれるシーンがあったんですけど、そんなマジハパープルの声を担当させていただきました。アフレコ現場にも数回参加させていただいたのですが、みんなの空気感とかが知れて、すごく楽しかったです。

この日の番組では、降幡愛(ふりはた・あい)さんが演じるマジハピンクと一緒に歌った、マジハシスターズの楽曲「Dear My MAJIHA Sisters」もオンエア!

高槻:マジハパープルがこれからも登場するかは分からないですけど、マジハシスターズの曲はアニメのサントラ盤にも入っているので、ぜひ聴いてください!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年7月11日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:高槻かなこのROYAL Night
パーソナリティ:高槻かなこ
放送日時:毎週土曜 26:30~27:00/ FM大阪 毎週土曜28:00~28:30
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/royalnight

関連リンク

  • 7/10 20:00
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます