フランソワ・オゾン最新作『Summer of 85』 “6週間の青春”に無垢な美少年が溺れる…第二弾予告解禁

拡大画像を見る

世界三大映画祭の常連にして、世界中から新作を待ち望まれているフランス映画界の巨匠フランソワ・オゾンの最新作『Summer of 85』が、8月20日(金)より全国公開。生涯忘れられない「初恋の痛み」。“6週間の青春”に無垢な美少年が溺れる… 第二弾予告&新ビジュアル解禁

世界三大映画祭の常連にして、世界中から新作を待ち望まれているフランス映画界の巨匠フランソワ・オゾンの最新作『Summer of 85』が、8月20日(金)より全国公開。この度、本作の第二弾予告と劇場版ポスタービジュアル、新場面写真が一挙解禁された。

誰よりも初恋を味わい、16歳の少年は大人になる――
本作は、1985年フランスの海辺の町を舞台に、運命的な出会いを果たした少年たちの忘れられないひと夏の初恋を描く、儚くも美しいラブストーリー。第二弾予告編では、主人公のアレックスがタイプライターに向かい、ダヴィドと過ごした日々を回想するシーンが映し出される。無垢な16歳のアレックスにとって、野性的で自由奔放な18歳のダヴィドは眩いほどの魅力に溢れていた。「待つ必要はない、人生は短い」と微笑むダヴィドの強引さに惹かれ、次第に恋愛感情を抱くアレックス。
バイクの2人乗りも、クラブでのダンスも、この胸の高鳴りも、アレックスにとっての“初めて”をすべて教えてくれたのは、ダヴィドだった。このまま幸せな瞬間が永遠に続くと思っていた矢先、突如訪れたダヴィドとの永遠の別れ。
生きる希望を失ったアレックスだったが、ある夜に交わした「どちらかが先に死んだら、残された方は墓の上で踊る」というイカれた誓いに突き動かされる。そして彼は、心の痛みと向き合い、かけがえのない“6週間の青春”の物語を書き綴っていく。

© 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

併せて公開された場面写真は、アレックスが絶望に暮れ涙を流す姿や、ダヴィドの「死」と向き合うことを決意し、自らの物語を書き始める姿など。オゾン監督こだわりのフィルム撮影による色鮮やかな映像と共に、アレックスの言葉によって蘇る二人の大切な時間が、美しく切り取られている。

© 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

また、この度、バイクで疾走するダヴィドと、彼に頬寄せ愛を噛みしめるようなアレックスの姿が大きく切り取られた劇場版ポスタービジュアルが、本日より全国の上映劇場(一部地域を除く)にて掲出開始!
ポスターに写るアレックス役のフェリックス・ルフェーヴルとダヴィド役のバンジャマン・ヴォワザンは、オゾン監督が自らオーディションで大抜擢した、フランス映画界最注目のシンデレラボーイズ。フレッシュな才能光る彼らの繊細な演技も必見だ。

© 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

『Summer of 85』
8月20日(金) 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
【配給】フラッグ、クロックワークス

関連リンク

  • 7/9 19:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます