反町隆史、ネット上のウワサに? 「何度も救われた」「真面目に見ているのが面白い」

拡大画像を見る

俳優の反町隆史さんが歌う、1998年発売のシングル曲『POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~』。

この曲は、反町さんが主演を務めたテレビドラマ『GTO』(フジテレビ系)の主題歌でした。

また、同曲を赤ちゃんに聞かせると泣き止むことが、ネット上で話題に。このウワサは、本人まで届いているようです。

反町隆史も驚く、POISONの効果

反町さんの所属事務所は、YouTubeで公式として検証を行いました。

実際に曲を聞くと泣き止むのか、日本のみならず海外の赤ちゃんに対しても反応を見ます。

お腹が空いて泣いていた日本人の赤ちゃんは、『POISON』のイントロで泣き止み、さらに笑い出しました。

また、海外の赤ちゃんも同様に泣き止むという結果に。

この結果を見て、反町さんはこう語ります。

GTOという僕が25歳の時ですね、ドラマの主題歌なんですけどね。

あれから、もう20年以上経ってるわけですから。

それで、こうやって皆さんの役に立ってると思うと嬉しいですよね。

Ken Net Channel -研音official-  ーより引用

反町さんは娘さんが小さい頃、夜中に泣き声で起こされてドライブに連れて行っていたといいます。

「その頃に知っていたら、なおよかった」と話す反町さん。

赤ちゃんが泣き止む理由について「赤ちゃんの脳に刺激になるのでは」と予想し、専門家に話を聞きました。

専門家に聞くと、『POISON』は赤ちゃんが泣き止む2つのパターンを兼ねそろえた曲なのだとか。

生後3か月~2歳頃までの子供に効果があるそうです。

検証動画には、たくさんのコメントが寄せられていました。

【ネットの声】

・息子を寝かしつける時に毎日聴いています!

・いつもお世話になっている曲です。何度も救われました!

・赤ちゃんは『いいたいことがまだいえないこの世の中』って思っているかも。

・これを真面目に反町さんが見ていることが面白いです。

「狙って作っても、ここまでうまくいかない」と評価された、反町さんの『POISON』。

反町さんは、「一番はじめに、このことに気付いた人に出会いたい」と明かしました。

20年以上経っても、『POISON』は赤ちゃんをはじめとした幅広い年代の人に笑顔をもたらしているようですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 【公式】反町隆史POISONで海外の赤ちゃんを泣き止ませてみた。

関連リンク

  • 7/10 18:17
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます