キラフォレ達家真姫宝、理想の夏デートを明かす「家で流しそうめん」

拡大画像を見る

煌めき☆アンフォレントの達家真姫宝が10日、都内でDVD『Treasure〜まきちゃんと初めてのデート(沖縄編)〜』(リバプール)の発売記念イベントを開催。イベント前に囲み取材に応じた。


自身初のイメージDVDを手にしての感想を求められると「いっぱいの方が『見たよ』って言ってくれて、恥ずかしいんですけど嬉しい気持ちです」と照れ笑いを浮かべ、本作のオファーがきた際の心境については「動画(の撮影)は初めてだったので、どんな感じになるんだろうって思ったんですけど、撮影も楽しくてよかったです」と声を弾ませた。


本作の仕上がりを尋ねられると「デート編なので、見ている人は彼氏目線で見られる感じに仕上がっています。ラブラブな沖縄デートみたいな感じになっています」と紹介し、シーンの紹介を求められると「競泳水着を着て一緒にプールに入ったり、洗車をしたり、朝ベッドや夜ベッドもあります」とニッコリ。キュンキュンするシーンを追求されると「朝ベッドのシーンは、朝ちょっとだけメイクをしてすぐ行ったので、朝の寝起きみたいな感じで撮ったりして、『おいで』って言ったりしているので、キュンキュンするんじゃないかなと思います。本当に眠かったですね」とオススメした。


続けて、見どころとセクシーに仕上がったシーンを聞かれた達家は「朝ベッドのピンクのランジェリーがお気に入りで、その真逆なのが夜ベッドの紫の下着で、ギャップがあって大人っぽい感じなのでオススメです」と胸を張り、本作を自己採点するようお願いされると「50点くらい。まだ緊張していたので、2枚目は100点いくくらい、いい作品になればいいかなと思います」とコメント。今後のグラビア活動については「けっこうやらせてもらっているんですけど、まだ着たことがない水着とかもあるので、今後は着ていきたいなと思います」と目を輝かせた。


また、本作にちなみ、理想の夏デートを聞かれた達家は「暑いのが嫌いで、ディズニーとか行きたいんですけど無理なので、家で流しそうめんをやったり、ちょっと花火とかで外に出るくらいでいいかなと思います」と語った。


今年10月に20歳の誕生日を迎えるラストティーンの達家は「どんどん寂しくなっちゃって、もう10代って言えないので、今のうちに19っていっぱい言っています」と明かして笑いを誘い、10代でやり残したことを聞かれると「制服とかいっぱい着ておきたいですね。若い遊びとかをいっぱいしておきたいですね」と目を輝かせた。さらに、20歳に向けての抱負を尋ねられると「お母さんとかお父さんとかお姉ちゃんとかに頼ってばかりなので、自立しようと思って1人で考えたり行動できるように、大人になろうと思っています」と力を込め、「女性としては、喋ったら子どもって言われちゃうので、大人な発言をできるように頑張ろうと思っています」と答えた。


煌めき☆アンフォレントの活動は「めちゃくちゃ楽しくやっています」という達家は、グループとしての目標を聞かれると「8月3日にZepp(DiverCity)に立たせていただくんですけど、Zeppで終わりじゃなくて、来年はもう1つ大きなステージに立てるようになりたいなと思います。私は武道館に立ってから、いずれかは大きい東京ドームに行けるようなグループになりたいなと思っています」と力強く語った。

関連リンク

  • 7/10 18:19
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます