昇格組ワトフォード、J・キングをフリーで獲得…延長OP付2年契約

拡大画像を見る

 ワトフォードは9日、ノルウェー代表FWジョシュア・キングとの契約締結をクラブ公式サイトで発表した。

 J・キングは6月30日付でエヴァートンとの契約が満了を迎えていたため、ワトフォードにはフリートランスファーで加入。2年ぶりにプレミアリーグで戦う“ホーネッツ”とは、1年の延長オプションが付帯した2023年6月30日までの2年契約を結んだ。



 現在29歳のJ・キングは、マンチェスター・Uの下部組織出身。同クラブのトップチームでは公式戦2試合の出場にとどまり、各地へのレンタル移籍を繰り返した後、2013年1月にブラックバーンへと完全移籍した。2015年夏に加入したボーンマスでブレイクを果たし、同クラブでは公式戦通算184試合の出場で53得点19アシストを記録した。

 J・キングは2020年2月1日、2020-21シーズン終了までの契約でエヴァートンへと完全移籍。しかし、スタメンの座をつかむことはできず、昨季のプレミアリーグでは11試合の出場で無得点に終わった。

関連リンク

  • 7/10 17:55
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます