「プラレール」と「スシロー」コラボ 「お寿司屋さんごっこ」が楽しめる

拡大画像を見る

タカラトミーは、鉄道トイ「プラレール」シリーズと回転寿司チェーン「スシロー」がコラボレーションした「極み!おとどけ!スシロー×プラレール」を、2021年7月中旬に全国の玩具店およびインターネット通販などで発売する。

専用列車「すし特急おまち」なども

プラレールを使用した"寿司のお届け遊び"が楽しめる。本物の食品を乗せて楽しむ商品はシリーズ史上初。1959年に誕生したプラレールが、現代でも家族や友達と食卓を囲む楽しい思い出となってほしいとの思いが込められた。

専用列車「すし特急おまち」や皿、皿を載せる専用の貨車、オリジナルデザインの「プラレールすし」4種類を同梱。板前さんとお客さんになりきって"お寿司屋さんごっこ"が楽しめるほか、本物の寿司を乗せて走行できる。

寿司は3皿を同時に運べる。付属する新パーツ「往復レール」を使用すれば、任意の区間を自動でスイッチバック可能。別売の各種プラレールを組み合わせることでコースの拡張もできる。

また、「スシロー」のロゴ入りの看板「すしゲート」や、メニューが掲載されたボード「お客さん駅ボード」、「おてもと」や「わさび」などを模した紙小物が付属する。

価格は6160円(税込)。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 7/10 14:30
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます