「映画の見すぎだよ」と言われるくらいの映画好きが映画のアイデアで窮地に立ち向かう『共謀家族』

拡大画像を見る

常日頃、映画と海外ドラマ好きな私は何かにつけ見たことを現実世界と結び付け、周囲から「映画の見すぎだよ(笑)」と突っ込まれることが多いです。『共謀家族』は映画が大好きな主人公が人気作のアイデアを使って家族を窮地から救おうとする、映画ファンに見てほしい映画です。

 

『共謀家族』

 

© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD

 
7月16日(金)より、新宿バルト9ほか全国順次公開
© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD
監督:サム・クァー
出演:シャオ・ヤン(『唐人街探偵』シリーズ、『ドラゴン・ブレイド』)、タン・ジュオ(『チィファの手紙』)、ジョアン・チェン(『ラストエンペラー』)、フィリップ・キョン(『追龍』)、チョン・プイ (『桃(タオ)さんのしあわせ』)
配給:インターフィルム/アーク・フィルムズ
原題:誤殺 SHEEP WITHOUT A SHEPHERD
【2019年/中国/北京語、タイ語/カラー/1×2.38スコープサイズ/5.1ch/上映時間:112分】
 
 

 
 
概要:
2013年にインドで大ヒットしたマヤーラム語の映画『Drishyam』を、2年後にヒンディー語でリメイクして再び大ヒットとなった『ビジョン』(15/Netflix配信中)の中国版リメイク。2020年、中国年間興収第9位という記録を打ち立てた。
犯罪映画のトリックを知り尽くした男と、「1000の事件を研究すれば分からないことなどない」と言い切る警察局長が繰り広げる白熱の頭脳戦に加え、親子の愛と家族の絆、善悪の境界線、人間の原罪と魂の救済にまで踏み込んだ、サスペンス映画の枠を超えた重厚なヒューマン・ドラマ。
主演は、『唐人街探偵 東京MISSION』にも出演しているシャオ・ヤン(肖央)。彼は本作の演技により「2020東京・中国映画週間」第5回 ゴールドクレイン賞/金鶴賞・最優秀主演男優賞を受賞。中国では歌手、俳優、監督、脚本家の顔を持つマルチ・タレントとして広く知られている。
『チィファの手紙』『薬の神じゃない!』のタン・ジュオ(譚卓)、『ラストエンペラー』のジョアン・チェン(陳沖)らが共演。
 
 

© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD

シャオ・ヤン

 
 
ストーリー:
東南アジア、タイ。
リー・ウェイジエ(李維傑)は、幼き日に中国からこの地に移り住んできた。
今は妻のアユー(阿玉)、高校生の娘ピンピン(平平)、まだ幼い娘アンアン(安安)の一家4人で幸せな毎日を送っている。
小さなインターネット回線会社を経営しているリーは、信心深く穏やかな人柄で、地域の誰からも好かれていた。
『ショーシャンクの空に』が大好きなリーは、暇さえあれば事務所で映画ばかり観ている映画マニアでもあった。
そんなある日、サマーキャンプに出掛けたピンピンが、不良高校生に睡眠薬を飲まされて暴行され、その様子をスマホで撮られてしまう。
ネットに動画を上げると脅されたピンピンは、自宅にやってきたその不良、スーチャットからスマホを奪おうと揉み合いになり、誤って彼を殺してしまう。
スーチャットは、地区の警察局長の一人息子だった。
出張から帰り、妻からすべてを聞かされたリーは、愛する娘と家族を守るため、完璧なアリバイ作りに着手する。
常々「映画を1000本も見れば、世界に分からないことなどない」と考えていたリーは、それまで観てきた膨大な犯罪映画のトリックを応用し、捜査の先の先まで読み尽くした完全犯罪を計画する。
警察の事情聴取に備え、妻子に想定尋問を繰り返すリーと家族との「共謀」の先にはしかし、予想もつかない結末が待っていた―。(公式サイトより)
 
 

 
 

 

映画のトリックで完全犯罪は可能か?

 
世界中にファンが多いハリウッド映画『ショーシャンクの空に』が大好きな主人公・リー。
製作国を問わず数多くの映画を見てきた彼は、警察から家族を守るために、様々な映画のアイデアを総動員し、きつい取り調べにも耐えうるように家族を訓練します。
妻や娘たちが動揺してしまうことはもちろん想定内で、揺さぶりをかけられ本音が出てしまったとしても、その先を見越して対策を練りますが、そこには全て映画から得た知識を使っています。

リーは信心深い善人ですが、大切な家族を守るためなら法を破ることもいといません。
何が何でも警察の目を欺こうとするリーですが、果たして映画から引っ張ってきたアイデアやトリックで、完全犯罪は可能なのでしょうか…?
 
 

© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD

 
 
リーが見た映画のタイトルには、マッツ・ミケルセン主演のデンマーク映画『偽りなき者』、ブラッド・ピットとモーガン・フリーマン主演の米国映画『セブン』、オム・ジョンファとキム・サンギョン主演の韓国映画『悪魔は誰だ』などがあります。
『共謀家族』を見た後に、これらの作品を見直すと、また面白さが違ってくるかもしれません。
 
 

『悪魔は誰だ』予告

 
 

 

国際的に活躍する女優が出演

 
リーは1000本の映画から世界を知ったと話していますが、一人息子を殺され、リー一家を疑うラーウェン警察局長は1000の事件を研究することで全てが分かると豪語する人物。
非常に頭が切れる彼女は、直感からリー一家に目をつけ、追い詰めていきます。
幼いアンアンにさえ声を荒げるラーウェンが恐ろしいです!
 
 

© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD

 
 
ラーウェン警察局長を演じているのは、『ラストエンペラー』で皇后・婉容を演じ、国際的な注目を集めたジョアン・チェン。
彼女は有名な米TVシリーズ「ツイン・ピークス」でも存在感を発揮し、近年もジェシカ・チャステイン主演の『AVA/エヴァ』に出演するなど、世界的に活躍しています。
 
 

© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD

ジョアン・チェン

 
 
娘が暴行されたことが許せず、ラーウェンの息子をけだものと言い、怒りに震える母アユーと、息子を殺した犯人をなんとしても捕まえたいラーウェンの母性がぶつかり合うシーンは圧巻です。

ロウ・イエ監督の『スプリング・フィーバー』で知られるタン・ジュオが、アユー役を熱演しています。
彼女は、岩井俊二監督の『チィファの手紙』にも出演しました。
 
 

© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD

タン・ジュオ(左)

 
 

 

普遍的なテーマが描かれる

 
地域の誰からも好かれているリーが犯罪に手を染めるはずがないと、近所の人たちは警察、そして国家権力の横暴に反発するようになります。

ラーウェン警察局長の夫のデゥポンは議員で、市長選を控えているため、市民と敵対してマスコミに騒がれるようなことを控えてほしいと妻に告げますが、息子のことしか考えられないラーウェンは夫の選挙どころではありません。
 
 

© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD

 
 
リー一家が不当に扱われることに抗議する市民たち。
やがて暴動になっていくのですが……。

立ち向かう相手が国家ということもあり、中国国内では撮影が叶わなかったそうで、タイが舞台になっています。
本作はインド映画の中国版リメイクですが、「家族を守りたい」「何が善で何が悪なのか」など、描かれているテーマは普遍的で、どこの国の観客でも共感できる内容だと思いました。
 
 

© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD

 
 
主に洋画と海外ドラマばかり見ている私は、日本よりも海外の法律や犯罪、裁判、刑務所などについて詳しくなっていて、『共謀家族』の主人公・リーと語り合いたい! と思ってしまいました(笑)。
 
 

© 2019 FUJIAN HENGYE PICTURES CO., LTD, WANDA MEDIA CO., LTD

 
 
映画好きにはぜひ見てほしい『共謀家族』は、7月16日公開です。
 
 

映画『共謀家族』 メイキング&インタビュー+予告篇

 
 

関連リンク

  • 7/9 16:50
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます