【マリーンS結果】スワーヴアラミスが競り合いを制してV

拡大画像を見る

 10日、函館競馬場で行われたマリーンS(3歳上・OP・ダ1700m)は、好位でレースを進めた松田大作騎手騎乗の3番人気スワーヴアラミス(牡6、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線で外の5番人気オメガレインボー(牡5、栗東・安田翔伍厩舎)と競り合い、これをハナ差下して優勝した。勝ちタイムは1分43秒7(稍重)。

 さらに3/4馬身差の3着に2番人気ダンツキャッスル(牡5、栗東・谷潔厩舎)が入った。なお、1番人気タイムフライヤー(牡6、栗東・橋口慎介厩舎)は12着に終わった。

 勝ったスワーヴアラミスは、父ハーツクライ、母ベイトゥベイ、その父Sligo Bayという血統。昨年3月のマーチS以来となる白星を挙げた。

関連リンク

  • 7/10 15:38
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます