宮脇咲良・矢吹奈子・本田仁美、IZ*ONE活動終了後初のメディア共演 韓国での活動を振り返る

 今年4月に活動を終了したグローバルガールズグループ IZ*ONEで活躍していた宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美が、10日放送のラジオ番組『古家正亨とジェジュンのPOP★A』(NHKラジオ第1/14時05分~15時55分放送)に生出演する。

 3人の出演は、15時時台。グループ活動終了後、3人揃って生放送でメディアに登場するのは初となる。IZ*ONEメンバーとしての韓国での活動を振り返りながら、今、伝えたい思いや、今後挑戦したいことなどを語る。

 IZ*ONE は、韓国人9人、日本人3人のメンバーで結成され、2018年10月に2年6カ月間という期間限定グループとしてデビュー。パフォーマンスに優れ、日韓両国をはじめ各地で人気を集めましたが、今年4月末をもって活動を終了した。宮脇は、先月HKT48を卒業。矢吹は、
HKT48のメンバーとして活動を再開。本田は、先日開催された AKB48チーム8全国ツアー最終公演に登場した。

 MCを務めるK-POPナビゲーターの古家正亨は、「3人そろって、しかも生出演です!IZ*ONEとして何度もこの番組に出演してくれましたし、日本で開催されたイベントではMCも務めさせていただきましたので、これまでの関係性を生かし、今3人が話したい、伝えたいことを、聞き手として引き出せたらと思っています!」と語っている。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/10 11:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます