劇団ひとり あおり運転の恐怖語る「途中から横付けされて5分ぐらい」

拡大画像を見る

 テレビ朝日系「中居正広のニュースな会」が10日、あおり運転の被害実態や対処法を特集し、タレント・劇団ひとりが、過去にあおり運転に遭った時の恐怖を語った。

 MCの中居正広に「あおられること、あおられそうになったこと」を聞かれたひとりは「あります、実際にあおられたことが」と即答。

 「4、5年前かな、高速道路で最初後ろからあおられてたんだけど、途中から横付けされて。5分ぐらいかな、ずーっと。何かヤンキーみたいなのが、こうやってやってんの」と、にらみつけるマネをしながら「怖かったわー」と実感を込めた。

 中居に「何かきっかけがあったの?」と聞かれ「いや、それが全然わかんないし、僕がいわゆるテレビに出てる仕事って気付いてんのかどうかもわかんないんだけど。だから、ずっと見て見ぬ振りっていうか。まだ、その時は世間的にあおり運転ってそんなに話題になってなかったから、警察に通報するような感覚もなかったんです。今だったら結構、通報できるけど」と思い起こしていた。

関連リンク

  • 7/10 13:03
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます