100円ローソンの衝撃弁当 実際に食べた人の『感想』が予想外すぎた

拡大画像を見る

発売されるやいなや、お弁当の概念をくつがえすビジュアルが話題を呼んだ、コンビニエンスストア『ローソンストア100(通称・100円ローソン)』の『ウインナー弁当』。

衝撃的なビジュアルばかりに気を取られがちですが、お弁当である以上、肝心なのは味です。

友人が『ウインナー弁当』を食べたと聞き、味の感想を聞いた、あかりや(@kuhp)さん。

すると、友人からは予想外の感想が返ってきたといいます…。

100円ローソン『ウインナー弁当』の感想に泣いた

まだ『ウインナー弁当』を食べていない、あかりやさんが気になったのは、ウインナーの味。

ネット上に寄せられている感想では、「燻製の香りと風味が感じられるウインナー」と、上々な評判です。

実際に食べた、あかりやさんの友人の返答は…。

「時間がない中、カーチャンが何とか用意してくれたお弁当感があって、たまらない気持ちになる」

友人の感想を聞き、涙腺が緩んでしまったという、あかりやさん。

100円ローソンの『ウインナー弁当』において、味の感想を語り合うなどナンセンスなのかもしれません。

ひと口味わえば、幼少期の思い出がよみがえり、心が揺さぶられる…そんなお弁当がほかにあるでしょうか!

あかりやさんの友人の感想はネット上で反響を呼び、「大正解」とのコメントが寄せられたほどです。

・実にうまいコピーだ。素晴らしい。お手本レベル。

・ファミリーマート以上に『お母さん食堂』。

・クラスメイトにバカにされて、作ってくれたお母さんに当たっちゃうところまでがワンセット。

大人になると、時々無性に食べたくなる、親の手作り弁当。

しかし、今、親の手作り弁当を食べても、当時と同じ思いを抱けるかは別です。

もう戻れない過去への哀愁、さびしさを埋めてくれる…かもしれない『ウインナー弁当』、恐るべし!

[文・構成/grape編集部]

出典 @kuhp

関連リンク

  • 7/10 12:41
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます