新種牡馬ザファクター、日本けい養時の産駒がJRA初勝利

拡大画像を見る

 10日の福島1R・2歳未勝利(ダ1150m・11頭立て)でナックドロップス(牝2、美浦・杉浦宏昭厩舎)が1着となり、2018年に1期だけ日本でけい養された新種牡馬ザファクターの産駒が、この世代のJRA初勝利を果たした。

 ナックドロップスは母ティアドロップス、母の父サンデーサイレンス。半兄に重賞3勝馬マイネルラクリマがいる血統。

 前走は東京芝1400mの新馬戦で15着。ダート替わりの今回で一変の走りを見せ、単勝82.0倍(10番人気)での初勝利を果たした。

 ザファクターは父War Front、母Greyciousness、母の父Miswakiという血統。現役時代は米G1・2勝。海外けい養時の産駒にはJRAオープン馬のサンノゼテソーロなどがいる。

関連リンク

  • 7/10 12:40
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます