ぺこぱとEXITにダブル解散話?明かした「漫才以外にやってみたいこと」

拡大画像を見る

 7月7日に東京都内で行われたかんぽ生命保険の健康応援アプリ「すこやかんぽ」のイベント「恋人・パートナーとワークアウト」に、お笑いコンビのぺこぱが出席。

 お互いのコンビ仲について、今後が危ぶまれる発言が飛び出したという。

「松陰寺太勇(37)は、ぺこぱの現状について“最近忙しいからか話す機会が減った。シュウペイのボケに即座に反応できなくなっているかもしれない”としたんです。これについてシュウペイ(33)は“放置されているのかと思った”と返し、ウォーキングマシン体験をして“久々に(松陰寺と一緒に)歩いて言葉を交わさなくても通じ合っているなと思った”としていました。

 ただ、今回に限らず、ぺこぱは将来的に分裂する可能性があると以前から言われているんですよ」(女性誌記者)

 今年1月12日に放送された『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)は「芸人未来予想図」という企画だったのだが、そのときに松陰寺は10年後(47歳)の自分について、

「コンビで漫才は続けたい」としつつも、ソロ活動を視野に入れており、

「(ソロの)冠番組を持ちたい。単にお笑いバラエティではなく、世界情勢、日本経済、歴史など、若者が目を背けがちな、どんな歴史を経て、いまどんな世の中に生きていて、どういう世界を目指していきたいのか?また、すべての人が同じ時代に生まれた奇跡に感銘し、文化文明、価値観を次の世代へ渡していきたい」

 と、実に熱く語ったうえで、「報道番組のMCをやって、そのキャスティング権も握りたい」という冠番組の夢を語ったことがある。

■いずれは政治の道を行くのか

「さらに、昨年5月30日の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)では、かつてミュージシャンを目指していたことを明かしたうえで、“音楽で喉が潰れたら政治家になりたい”と考えていたことを明かし、さらに“作っているネタも、政治的なメッセージをオブラートに包んでやっている”と、やはり政治家への夢をいまだに持ち続けていることが察せられます」(前出の女性誌記者)

 もっとも、松陰寺は昨年12月18日放送の『ニンゲン観察バラエティモニタリング』(TBS系)で解散ドッキリをした際は、「どっちかが死ぬまでぺこぱですよ! それで世に出てきたんだから、そんな簡単に降りれる船じゃない」と、実にアツい発言をしている。仮に政治家を目指して解散するとしても、本当に“芸人”をやり切ってからのことだと思われる。

 また、第七世代ではEXITが現状「解散をどうにか食い止めている状態」と言われている。

■EXITはいつ解散してもおかしくない

「兼近大樹(30)は、“壊滅的に治安の悪いところを盛り上げにいきたい”と、昨年4月7日放送の『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京系)で明かしているんです。すでに有名になってしまった日本では自身にアドバンテージがあるため、自分のことが知られていない海外でゼロからチャレンジしてみたいとか」(前出の女性誌記者)

 さらに、今年3月7日放送の木村拓哉(48)のラジオ番組『木村拓哉 Flow suppoted by GYAO!』(TOKYO FM)では、りんたろー。(35)がEXITはコンビ結成の時点で、兼近はそこまでノリ気ではなかったことを明かしている。

「当時、17年にSCANDALという仮のコンビで結成したのが始まりなんですが、その年『M-1グランプリ』で3回戦進出したことから、りんたろー。は本格的にコンビ結成しようとしたのに、兼近は“もうM-1出たんで大丈夫です”と拒否したそうです。“やりたい形でM-1で盛り上がって自分のやったことが正しかったかどうか証明したくて。で、実際コンビ組んでM-1出たらメチャクチャ盛り上がって受けたんでもう満足したんスよ”と兼近は明かしていますね」(前同)

 そのため「出口は今、伸ばしている状態なんです」と話すりんたろー。に兼近は「JAPANからEXIT寸前なんですよ」と、木村に話していたのだ。

 それぞれ、やってみたいことがあるという松陰寺と兼近。長く漫才は続けて欲しいものの、いつの日か夢をかなえて欲しいーー。

関連リンク

  • 7/10 12:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます