King&Prince・永瀬廉、朝ドラ『おかえりモネ』撮影中に吉沢亮とバッタリ! 「プライベートで申し訳ない」と後悔しているワケ

拡大画像を見る

 King&Prince・永瀬廉がパーソナリティを務めるラジオ番組『King&Prince 永瀬廉のRadioGARDEN』。7月8日放送では、今月25日にスタートするライブツアー『King&Prince CONCERT TOUR 2021~Re:Sence~』について、現在の状況を説明。「ダンスの振り固めや位置確認をしている段階」だと報告した。

 永瀬はNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』、高橋海人は先月まで放送されていた日曜劇場『ドラゴン桜』(TBS系)、岸優太は月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)、神宮寺勇太はHey!Say!JUMP・伊野尾慧が主演を務めるドラマ『准教授・高槻彰良の推察』(東海テレビ×WOWOW共同製作)、平野紫耀は『24時間テレビ』(日本テレビ系)内で放送されるSPドラマ『生徒が人生をやり直せる学校』など、それぞれがドラマの撮影で忙しいため、「5人集まることがなかなかなかったから、5人が集まったときに一気に集中してリハ(ーサル)をやってる」とのこと。

 また、今回はコンサートグッズとしてメンバーの愛称が記載された「タンブラー」が販売されているが、リスナーから「どうやって名前が決まったのですか? グッズ制作の裏話を教えてください」とのメッセージが寄せられた。ちなみに、永瀬は「ナガチャン」、平野は「しょーたん。」、高橋は「かいとりん。」、岸は「Mr.KC」、神宮寺は「Jin chan」という表記になっている。

 これについて永瀬は「もともとの案は普通のフルネームだった」と明かし、「普段はこういう話し合いで僕1ミリも話さないんですけど、満を持して『名前を変えていいですか?』って」と、提案したのは自分だとし、それが無事に採用されたという。また、表記については「漢字で“永ちゃん”と悩んだ」らしいが、最終的に「(お笑い芸人の)デッカチャン的な感じでカタカナになった」のだとか。

 名前の表記はメンバーが各自で決めたらしく「ほかの4人(がどうやってこの表記になったのか)については知らない」と言いつつ、「『しょーたん。』と『かいとりん。』の“。”がウザいよね、絶妙に」「絶妙だよね、この“。”がきいてるよね」と毒舌評価もくだしていた。

 そんな永瀬だが、朝ドラの撮影スタジオの隣では大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)の撮影をしているようで、プライベートで仲良くしている志尊淳とばったり会ったと報告。志尊の袴やちょんまげ姿を「めちゃめちゃ似合うっすね」「顔が小さいし背が高いから似合う」とひたすら褒めていたというが、そのときに主演の吉沢亮にも初めて会ったとか。

 それ以降「結構話してるんすよ」と距離を縮めているようだが、やはり印象は「めちゃくちゃイケメン」とのこと。とはいえ、「今日も朝ドラですか?」「夜、1日長いんですか?」と気さくに声をかけてくれるようで、中身も“イイ人”だという。そんな吉沢に永瀬は「『一番の癒やしってなんなんですか?』っていう、テレビ番組みたいな質問をプライベートでしてしまったのが申し訳ない。普通にしゃべるのが好きな人間としては恥ずかしい」と、後悔しているという。

 一方、プライベートでは、慕っているKis-My-Ft2・玉森裕太と「食事の約束を取りつけた」という永瀬。今までは誘っても「え~嫌だ」と一度は断られていたが、「ゲームをしている流れで『またご飯連れてってくださいよ』って言ったら『全然いいよ』って」「距離縮まってます」とうれしそうに報告していた。

 なお、先月26日には高橋海人がクリエイティブディレクター・水野学氏と手掛けた『24時間テレビ』の“チャリTシャツ”デザインが発表されたが、これに永瀬は「(高橋が)漫画家として頑張ってた一面が、また大きいところでステップアップして実を結ぶって素晴らしいことですよ」と称賛。そして、「ほんといろんなことをすると思うので、僕も楽しみにしつつ体調を壊さずに頑張りたいと思います」と語った。

  • 7/10 8:00
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます