新たな出合い! ウイスキーの香り広がる“ノンアル紅茶”「THE CASK AGING」

拡大画像を見る

こんにちは、シティリビングWeb編集部のゆず子です。

テレワークをするようになって一番に充実させたのは、自宅で飲むドリンク。紅茶や緑茶、ほうじ茶、ウーロン茶など、我が家のキッチンにはさまざまな種類のお茶が並んでいます。そんなラインアップにぜひ加えたい! “大人味”の紅茶が東急ハンズで販売されています。


お茶の魅力を再発見! ウイスキー樽で熟成させた“ウイスキー紅茶”


お茶と言えば、日本人には欠かせない飲み物のひとつですが、実は今、お茶を飲むという文化に元気がなく、茶畑や工場が少なくなりつつあるそう。そんな茶畑や工場を継承し、お茶の新たな付加価値を生み出すTeaRoomと東急ハンズがタッグを組み、誕生したのが“ウイスキー紅茶” 「THE CASK AGING」です。

今年6月4日に販売がスタートするや否や、4日間で初回分が完売したという、今注目の紅茶。SNSでもたちまち話題になりました。

今回、この紅茶の誕生秘話を、TeaRoomの代表 岩本涼さんに伺うことができました。
この紅茶の特徴は、香料を一切使わず、国産ウイスキーの生産に使用された樽に国産茶葉を入れて寝かせ、茶葉にその香りを移しているということ。
この樽で寝かせることによって、酸味が強くなりがちな国産紅茶がすっきりまろやかな味わいに。

こうしてできた“ウイスキー紅茶”を、ソーシャル経済メディア「NewsPicks」が運営するプロジェクト型スクール「NewSchool」の受講者向けに、販売戦略の立案を課題とした特別授業を実施し、4人の受講生とともに社会に浸透させることにチャレンジ。

ウイスキーというと男性がたしなむものというイメージがありながらも、女性にも気軽に手に取ってもらえるようなパッケージづくりなど試行錯誤を重ねて、商品化させました。

すっきりした飲み口の中に感じる歴史


ポットからカップに注ぐと、ふんわりとウイスキーの香りが漂ってきます。そこまで香りは強くないため、お酒が弱いという女性でも気軽に楽しめます。

口に含むと、ウイスキーの風味が広がり、その後フルーティーな紅茶を感じ、最後には樽のスモークさがやってきます。ホットでいただくとより香りを強く感じますが、アイスでもしっかりと味わいが層になって味わうことができ、新しい感覚! 長い間ウイスキーを育ててきた樽の歴史を紅茶がつないでいくなんて、ロマンティックですね。

夜のリラックスタイムや、お酒が飲めなくてもパートナーの晩酌にお付き合いするときなどにいいなと思いました。

プレミアムでラグジュアリーな気分になれるのに、価格も1296円ととても手頃で、カジュアルギフトにもぴったりです。

銀座で楽しめるウイスキー紅茶とデザートのマリアージュ


東急プラザ銀座7階にあるNewsPicks NewCafeでは、「THE CASK AGING」とこの紅茶のために作られたデザートとのマリアージュが味わえます。

◆ホットティー&レーズンバターサンド(880円)
ウイスキー紅茶と同じ、樽熟成で作られたバルサミコ酢をプラスしたバタークリームが印象的。

◆アイスティー&ゼリー(990円)
ウイスキー紅茶のゼリーをオレンジやミントを煮詰めたシロップに浮かべ、ディルとヨーグルトのアイスを添えて。ディルはウイスキーと相性がよく、口の中がさわやかに!

もちろん単品(682円)でも注文できます。店舗で飲めるのはここだけなので、銀座に行くことがあれば、ぜひ味わってみてください。
「THE CASK AGING」ブランドサイト

東急ハンズではシーンに合わせた飲み方を提案! オンラインで購入も


「THE CASK AGING」は、各店舗でシーンに合わせた飲み方を提案中。東急ハンズ新宿店2階、池袋店3階、銀座店8階、梅田店12階で展開しています。

また、ハンズネットでも購入可。この機会にぜひ試してみてくださいね。
ハンズネット

関連リンク

  • 7/10 11:50
  • シティリビングWeb

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます