マナーは大丈夫?【一人暮らしの彼の部屋に行く時】の注意点3選!

拡大画像を見る


付き合っている彼が一人暮らしをしていると、遊びに行く機会も多いでしょう。特に自分が実家で暮らしている場合、どうしても彼を呼びづらいので彼の家でのデートが多くなります。
しかし、一人暮らしの部屋に行くからこそ覚えておきたい独特なマナーがあります。お邪魔する時、どんな点に気を付けておけば良いのか、念のためマナーを確認しておきましょう。


手土産は食べきれる量で

実家暮らしだと、ついつい彼に喜んでほしくて多くの手土産を持っていきがちです。しかし一人暮らしの場合、なかなか食べきれずに無駄になってしまうケースも少なくはありません。特にスイーツの手土産の場合、男性は女性よりも食べない可能性があります。彼氏にリクエストされた場合以外は、食べきれる量で持っていくと良いでしょう。二人で食べる分+少しを目安に持っていくのがおすすめです。


勝手に色々な部分を見ない

彼の一人暮らしの部屋はたくさん彼の好みのもので溢れている空間です。どんなものが置いてあるのか、浮気の証拠などを隠していないか、気になって引き出しの中などを見たくなるかもしれません。しかし、プライベートな部分を勝手に探られるのが嫌なのは男性も女性も一緒です。勝手に色々な部分を見て詮索するのはマナー違反ですので、どんなに親しい仲でも絶対にやめましょう。


掃除をするのもNG

男性の一人暮らしだと掃除が雑な部分もあるでしょう。そうした部分を掃除して女子力をアピールする作戦を考える人もいるかもしれません。しかし勝手な掃除はプライベートを暴く行為になるので厳禁です。さらに、あなたが掃除をすることが当たり前になると彼に依存されるおそれがあります。彼のプライバシーを守るためにも、あなたが家事係にならないためにも、頼まれていないのに自主的に掃除をするのが避けた方が無難です。


彼の部屋に行くなら彼の流儀に従おう!

一人暮らしの彼に行くと同棲気分になり自由に過ごせると考える人もいるでしょう。しかし、彼の家ですのであなたが自由に過ごして良いスペースではありません。
あくまで彼のこだわりなどを優先し、それを尊重しながら過ごすようにしましょう。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/10 11:30
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます