【セレクトセール2021注目馬】4年連続の億超え狙うトップバッターはディープインパクト産駒

拡大画像を見る

 2021年7月12、13日の2日間、北海道苫小牧のノーザンホースパークで行われる日本最大のセリ市・セレクトセール。その注目馬を紹介する。

■上場番号1:ゴーマギーゴーの2020(牡)
 父ディープインパクト、母ゴーマギーゴー、その父Ghostzapperという血統。誕生日は2020年1月25日、生産牧場はノーザンファーム、飼養者はノーザンファームYearling。

 母ゴーマギーゴーは北米で8戦3勝、重賞はガルフストリームパークオークス(米G2・ダ8.5F)、ブラックアイドスーザンS(米G2・ダ9F)の2勝。兄は2020年セレクトセールにおいて4840万円(税込)で落札されたロジマギーゴー。

 ディープインパクト×Ghostzapperは今年の金鯱賞でアッと言わせる逃走劇を見せたギベオン、2017年セレクトセールでは2億1600万円で取引された現3勝クラスのサトノフウジン兄弟がいる。

 2018、2019、2020とセレクトセール1歳セールのトップバッターは3年連続で1億円を超えている。今年はいくらになるのか、注目が集まる。

関連リンク

  • 7/10 11:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます