セントマークスバシリカが世界ランク首位に、クロノジェネシスは15位タイにランクイン

拡大画像を見る

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。

 今回の中間発表は2021年1月1日から7月4日までに実施された世界の主要レースが対象で、新たにエクリプスS(英G1)、愛ダービー(愛G1)、宝塚記念(GI)などが加わった。

 ランキング首位に立ったのは、アイルランドの3歳牡馬セントマークスバシリカ。フランスの牡馬二冠を制したのに続き、エクリプスSでミシュリフら年長馬を破り、レーティング127を獲得した。

 2位(125)はイギリスの最強マイラー・パレスピア、3位(123)はオーストラリアの強豪スプリンター・ネイチャーストリップで、それぞれ前回からランキングは1つずつ後退。

 4位タイ(122)は5頭。セントジェームズパレスS(英G1)を制したポエティックフレア、ゴールドC(英G1)を制したサブジェクティヴィストが新たに加わった。

 9位タイ(121)は6頭。グランアレグリアは前回に引き続き、日本馬及び牝馬では単独首位。

 15位タイ(120)は15頭で、宝塚記念を制したクロノジェネシスが新たにランクイン。そのほか日本馬はエフフォーリア、グローリーヴェイズ、シャフリヤールがここに位置している。

関連リンク

  • 7/10 10:34
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます