【本日の注目ポイント】函館でダートOP・マリーンS、小倉でベルカント半弟デビューなど

拡大画像を見る

 7/10(土)は福島・小倉・函館の3場開催。9日正午の馬場発表は福島と小倉が芝稍重・ダート不良、函館が芝・ダート共に良。10日の天気は福島が曇り一時雨、小倉が曇りのち晴れ、函館が曇りの予報となっている。

■タイムフライヤーのマリーンS連覇なるか
 函館11Rはダート1700mのマリーンS(OP)。昨年の覇者タイムフライヤーはトップハンデ58kgで出走。昨年同様C.ルメール騎手とのコンビで勝利なるか。他には、前走大沼Sで59kgを背負って2着だったスワーヴアラミスは57.5kg、連勝で大沼Sを制したダンツキャッスルは56kg、名手武豊騎手を再び鞍上に迎えたサクラアリュールは55kgで出走。

■福島11R・阿武隈Sにモズナガレボシなど
 福島11Rは芝2000mの阿武隈S(3勝)。昇級後も安定しているモズナガレボシは3か月半ぶりの休み明けとなる。制してオープン入りなるか。他には、昇級初戦の府中Sで2着だったハーツイストワール、前走の2勝クラスを横綱相撲で完勝したスマイルなど。

■小倉9R・マカオJCTにジェラルディーナなど
 小倉9Rは芝1800mのマカオジョッキークラブT(1勝)。名牝ジェンティルドンナの仔ジェラルディーナ、きょうだいに重賞活躍馬もいる良血アウサンガテ、前走の未勝利を好内容で勝利したトウシンモンブランなどがエントリー。

■小倉5Rはベルカント半弟サイードに注目
 小倉5Rは芝1200mの新馬戦。7頭立てと少頭数になったが、サイードに注目したい。半姉に重賞5勝のベルカントや、重賞2勝のイベリスがいるキズナ産駒で、調教では水準以上の動きを見せている。鞍上福永祐一騎手でデビュー勝ちなるか。

■福島5Rでキャビランテらがデビュー
 福島5Rは芝1800mの新馬戦。調教で機敏な動きを見せたディープブリランテ産駒キャビランテ、乗り込み順調なキズナ産駒オンリーオピニオン、シルバーステートの初年度産駒となるシエラプリンセサなどがデビュー。

■函館5Rの新馬戦にアンジェリーナなど
 函館5Rは芝1200mの新馬戦。追い切りで軽快な動きを見せ初戦から期待できそうなレッドスパーダ産駒のアンジェリーナ、この中間もしっかり乗り込まれ、好気配がうかがえるイチローイチロー、ドレフォン産駒ローザロードなどがデビュー戦勝利を目指す。

■田中勝春騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 田中勝春騎手はJRA通算1800勝まであと3勝で、本日は福島で1鞍に騎乗。菅原明良騎手はJRA通算100勝まであと1勝で、本日は福島で7鞍に騎乗。藤懸貴志騎手はJRA通算100勝まであと1勝で、本日は小倉で3鞍に騎乗する。

関連リンク

  • 7/10 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます