中居正広、安住アナが『音楽の日』11年連続タッグも2人の仲に“すきま風”が吹いているワケ

拡大画像を見る

 中居正広と安住紳一郎アナが総合司会を務める『音楽の日 2021』(TBS系)が、7月17日に8時間生放送されることがわかった。

 2人がタッグを組むのは番組スタートから11年連続。しかし、ここにきて2人の関係にすきま風が吹き始めているという。

「7月2日配信の『覚醒ナックルズ』によると、ジャニーズから独立した中居は、裏で安住アナにフリー転身を勧めたものの、それを拒否したことで関係がギクシャクしているそう。安住アナといえば、10月以降、朝の情報番組MCを務めることが決定。金曜を休みにするべく、『ぴったんこカン・カン』の降板が発表されていますが、同じ理由で直前に放送されている『金スマ』も降板する可能性が高い。中居はそうした動きを事前に察知して、TBSとの独自のパイプを作ろうと安住アナを自分の事務所に入れように画策したようですが、逆にジャニーズの滝沢秀明副社長の逆鱗に触れ、“安住アナ降板”ではなく“金スマ終了”で調整が進んでいるようです」(芸能記者)

 また、中居は2004年から8大会連続でTBSの五輪メインキャスターを務めてきたが、東京五輪では声がかからず。代わりに安住アナが総合司会を務めることになっているのも、関係性を微妙にさせているのかもしれない。

 プレイベートで飲みに行く仲だったという中居と安住アナだが、同世代2人の共通点といえば「独身」ということ。

「中居は3日のラジオ番組で、同世代独身MCとして意識をしていたナインティナイン・岡村隆史、有吉弘行が2年連続で結婚したことに大きなショックを受けたことを明かしていました。安住アナは最近になって確度は低そうですが、フリーアナの新井恵理那との仲が疑われているような記事も出ているほか、将来、TBSの役員になるレールが敷かれたことで、私生活を落ち着かせようと考えていてもおかしくはない。もし、安住アナが結婚したとしたら、中居とは完全決裂となりそうです」(前出・芸能記者)

 大企業でもあるテレビ局では、役員になるためには“結婚していることが重要視される”という、なんとも時代錯誤な噂もある。

 果たして、今回の『音楽の日』で2人は、息の合った司会ぶりを見せてくれるだろうか。

  • 7/10 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます