福原愛、「モラハラ夫」と離婚成立の裏で「台湾CM契約途中ブッチぎり」の深刻度!

拡大画像を見る

 元卓球日本代表の福原愛(32)と元卓球台湾代表・江宏傑(ジャン・ホンジェ、32)が7月8日、離婚を発表した。

 福原と江は2016年9月に結婚を発表。2017年10月に長女、2019年4月には長男が誕生している。

 離婚に際して、福原と江は「夫婦で協議した結果、双方合意のうえで離婚が成立いたしました。私共の結婚に際して祝福してくださった方々、またご迷惑をお掛けした皆様に重ねてお詫び申し上げます」と共同声明を発表している。

 また、発表と同日に江は自身のインスタグラムを更新。子どもとのスリーショットを掲載し、「ご心配いただきありがとうございます。元気です、心配しないでください。今日から新しい生活を始まります」とのコメントを添えた。2人の子どもについては、共同親権になるという。

「福原さんは、3月4日発売の『女性セブン』(小学館)に、年下商社マンとの横浜不倫デートが報じられ、同日発売の 『週刊文春』(文藝春秋)では、福原が離婚を決めているとの報道もありました。

 そこから4か月ほどで離婚が発表されたのですが、実は“CMの関係”で離婚はもっと先になるのではないか、とささやかれていたんです」(広告代理店関係者)

■ソファーで手を重ね合い……

 福原と江は、大手電機メーカー・パナソニックの台湾現地法人が放送しているCMに出演していた。

「江氏はもちろん、福原さんも台湾では抜群の知名度がありましたから、2018年にエアコンのCMに出演したのを皮切りに洗濯機、冷蔵庫といった家電のCMに夫婦揃って出演してきました。エアコンのCMでは、子どもを抱えた江氏に福原さんが寄り添い、最後には2人でソファーに座って手を重ね合う、という夫婦の仲の良さを伝えるような内容になっています。

 すでにパナソニックの台湾法人のYouTubeチャンネルからCMは消えてしまっていますが、福原さんの不倫報道が出たときにはまだ動画が公開されていて、コメント欄が荒れてしまったとの報道もありました」(前出の広告代理店関係者)

 こうしたCMの存在が、2人の離婚に影響を及ぼしたようだ。

「福原さんと江氏のCM出演の契約は来年まであったそうです。そのため、江氏としては離婚を契約終了まで待ちたかったといいます。ただ、福原さんは契約終了まで離婚は待てないと主張し、これを江氏が飲んだことで今回、離婚が成立したという話ですね。

 しかし、CM出演を契約途中で切ってしまうとなると違約金が発生します。おそらく、契約終了前での離婚を望んだ福原さんが、違約金を負担することになるのではないでしょうか。

 ただ、『週刊文春』などで報じられましたが、福原さんは江氏とその家族からのモラハラや酷いイジメのような仕打ちに苦しんでいたといいます。苦しい日々からいち早く開放されるなら、違約金くらいは構わないという考えが、福原さんにはあったのかもしれないですね……」(前同)

 それぞれが、新しい生活で新しい幸せを手に入れてほしい!

関連リンク

  • 7/10 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます