実家暮らしでお小遣い…給料は母が管理!“超箱入り娘”芳根京子「24歳の実感がない」

拡大画像を見る

 7月4日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、芳根京子(24)が現在も実家暮らしであることを明かした。19歳でNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』のヒロインを演じ、『べっぴんさん』の撮影時は1年間大阪にマンションを借りて初の一人暮らしに挑戦したといい、「初めの1か月はものすごいホームシックでした」と、家族と頻繁に連絡を取っていたと語った。

 現在も実家ぐらしだという芳根に、くりぃむしちゅーの上田晋也(51)が「そろそろ一人暮らししようかなとか思ったりしない?」と聞くと、芳根は「東京に実家があるので、あまり意味が……」と、一人暮らしをする意味が見い出せないと告白。芳根は自分自身、自立しきれていない自覚があるようで、「ポテトチップスを初めて一人で食べたのが3年前」「ポテトチップスはパーティ開けして家族で食べるものだと思っていた」「車の中でニタニタしながら食べました、1袋」とうれしそうに語り、上田らを驚かせた。

 そんな芳根だけに、生活面でも家族にいろいろと手助けしてもらっているそうで、その一つがお金の管理。上田に「じゃあ、銀行の支払いの仕方がわからないだとか」と聞かれた芳根は、「わからないかもしんない! ヤバイですよね」「通帳も10代のときに家族に作ってもらったので、たぶん通帳の作り方もわかんないかもしれない」と告白。

 この答えに上田は「え? じゃあ今さ。お小遣いをもらってるの、親御さんに」と驚くと、芳根は「お小遣いもらっています」「母が管理してくれてます」と答え、「やっぱヤバいですよね」と苦笑い。

■「お小遣いもらっています」

 上田が「お母さんが指輪をジャラジャラし始めたりとかない?」「高級なバックを持ち歩き始めたとか」と冗談を言うと、芳根は「今のところないけど、気をつけて見ておきます」と爆笑。芳根は「まだたぶん24歳の実感がないんですよね。自分がなんか18ぐらいで止まっている感じ」と語り、「今、ヤバイなと思いました。ちょっと明日から一人暮らし考えます」と反省していた。

 この芳根のエピソードに、視聴者からは「いまだ実家暮らしでお小遣いもらってるの好感度高い」「なんか庶民的な感じがいい」「大事に育てられて、素直で真っ直ぐ。なんか幸せそう」という声も上がったが、「実家暮らしは良いと思うけど、お金の管理はそろそろ自分でしたほうがいい気がする」「芳根京子、24歳実家暮らしなのにお小遣いもらってるのやばない」と心配する声も見られた。

 実は芳根のように実家暮らしの芸能人や、親にお金の管理をしてもらっている芸能人は少なくない。指原莉乃(28)は以前、番組で「お金はお母さんが全部管理」「自分がどれぐらいお金をもっているのか知らない」と明かしており、お小遣い制だと告白していた。またSKEの松井珠理奈(24)も母親が貯金を管理しており、20歳になるまで銀行口座にいくら貯金があるのか知らなかったという。

 また、SixTONESの高地優吾(27)、京本大我(26)は実家暮らしを公言。京本は2020年のステイホーム期間、自宅から『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)にリモートで参加していたが、放送中に父親である京本政樹(62)が帰宅し、「ラジオ中?」と放送にサプライズ参加するという事件もあった。

 実家暮らしを公言している芸能人に共通しているのが、東京近郊に実家があることだが、家族と一緒に住んでいるため、スキャンダルとも無縁なイメージがある。24歳で実家暮らしの“箱入り娘”芳根も、その点では安心!?

関連リンク

  • 7/10 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます