この難解漢字あなたは読める?【顧眄】意味は「ふり返って見ること」です!

日本人でさえ読むことが難しい難解漢字は、無数にあります。
今回はその中のひとつである「顧眄」という漢字について、ご紹介しましょう。

読めないという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

(1)「顧眄」の読み方


日常生活でも目にする機会が少ない「顧眄」という漢字。
読めなくても仕方がないと諦めてしまう漢字だけに、スムーズに読めるとかっこいいですね!

「顧眄」の読み方は、「こべん」が正解です。
「こめん」と読むこともできるため、併せて覚えておくといいでしょう。

読み方がわかっても「顧眄」という言葉自体、耳慣れない方が多いはず。
そこで、「顧眄」の意味についてもご紹介します。
(『広辞苑』より)

(2)「顧眄」の意味


「顧眄」とは「振り返って見ること」や「まわりを見ること」を意味していますよ。
「顧」という字は「かえりみる」と読めて、後ろを振り返ることや過去を思い返すことを意味します。

「眄」は流し目に見ることや、横目でにらむという意味が含まれていますよ。
見るという意味の文字をふたつ組み合わせることで、よく見ることを表現できるでしょう。
(『広辞苑』より)

(3)「顧眄」を使った四字熟語


普段使われることがない言葉ですが、実は「顧眄」を使用した四字熟語があるのです。
「右顧左眄」という熟語で、「うこさべん」と読みます。

「顧眄」をそのまま使用するのではなく、一文字ずつ分けて使用されていますね。

「右を振り向き、左を流し目で見る」ことを意味し、転じて人の思惑や周囲の様子をうかがってばかりで決断をためらう様を指します。
周囲に流されて優柔不断になっている人や、その様子を指して使う四字熟語です。
(『広辞苑』より)


「顧眄」という字の読み方や意味をご紹介しました。
日常的に使う機会こそ少ないかもしれませんが、いざというときに読めると鼻が高いですよね。

四字熟語も含めて、ぜひ覚えておきましょう!

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 21:45
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます