もうこれ以上はいいや…。男性が「疲れてしまうLINE」送ってない?

電話よりも気軽に連絡がとれるLINE。
そのため思ったことをすぐに送ると、相手の迷惑になってしまうこともあるのです。

今回は、男性が疲れてしまうLINEを4つご紹介しますので、こんなLINEを送っていないかチェックしてみてください。

(1)重い内容


「もう疲れて何もかも嫌になった」「辛すぎる」といった重い内容のLINEを送ると、受け取った男性も疲れてしまいます。
LINEは基本的に明るい内容でやりとりしたいもの。

重い内容のLINEは受け取った男性のパワーを奪い、どんよりした気分にさせてしまいます。
これが頻繁に続けばかまってちゃんとみなされて、男性から敬遠されるかもしれません。

(2)とにかく長すぎる


文字が延々と続く長いLINEも男性を疲れさせます。
頑張って読もうとしても、途中で疲れてリタイア。

「また暇なときに読もうかな」と放置される原因になってしまいます。
LINEは3行前後の短文が理想的です。

長すぎるLINEで男性を疲れさせないようにしたいですね。

(3)質問だらけ


LINEを終わらせないために「質問で終わらせる」というテクニックは有名ですね。
しかし、質問ばかりすると男性は答えるのがめんどくさくなってしまいます。

「今度会ったときでよくない?」と既読スルーされる可能性大です。

(4)誰かの悪口


嫌なことがあったとき、親しい人に悪口を聞いてほしくなるかもしれません。
しかし、悪口を聞かされた側も嫌な気分になってしまいます。

悪口ばかりLINEしていたら、性格が悪いと思われてしまいますよ。
自分の魅力を下げることになりかねないので、LINEで誰かの悪口を言うのはやめておきましょう。


男性が疲れてしまうLINEを4パターンご紹介しました。
つい送りがちなものもありますよね。

このようなLINEばかり送っていると「もうこれ以上LINEしたくない」と思われかねないので、注意しておいてくださいね。

(恋愛jp編集部)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 22:00
  • 恋愛jp

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます