Task have Fun[超NATSUZOME2021ライブレポート]アイドルファンと共に夏へ攻め込む!会場を揺らしたTask節

アイドルイベント<超NATSUZOME2021>が、2021年7月3日(土)&4日(日)に海浜幕張公演Gブロックにて開催された。完全野外という環境のもと、数多くのアイドルたちがオーディエンスの心を掴む熱量の高いパフォーマンスを披露。本記事では、同イベントの中から7月4日(日)に超ステージに登場したTask have Funのライブレポートをお届けしよう。

今年のTask have funは2人編成で<NATSUZOME>に登場。メンバーの白岡今日花が5月から休養に入り、熊澤風花と里仲菜月の2人がその留守を守った。大ステージでも力を合わせて堂々とステージに立つ姿は、彼女たちの成長と絆が感じられて思いもひとしおだ。

おなじみのSEからオープニングを飾ったのは「けどハニカミ」。大人びたTask節に観客も待ってましたとばかりに腕を振り出し、メンバー2人とともにバリエーション豊かな振り付けを楽しんでいた。続く最新シングル曲「つなぐならココロ」では熊澤と里仲がステージの両端に飛び出し、広く観客エリアへと呼びかける。

「ちょっと肌寒い気温ではありますが、ぜひ残り2曲でもみなさん一緒に踊って体を温めていただけると嬉しいです!」と里仲のMCから、後半トップを飾ったのは新曲「BABYLONIA」。管楽スウィングを交えながら攻撃的にベースを刻む、Taskの得意なナンバーで会場を揺らした。「盛り上がっていきましょう!」という熊澤のアオリでラストは「キミなんだから」。陽気なサマーチューンで会場が踊りながら一つになるころ、雨もあがり雲天が明るくなってきた。

Task have Fun<超NATSUZOME2021>

日程:2021年7月4日(日)
会場:海浜幕張公演Gブロック

1.けどハニカミ
2.つなぐならココロ
3.BABYLONIA
4.キミなんだから

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 20:45
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます