ぺこぱ・松陰寺「電柱のにおいが気になる」 愛犬が散歩中にフンすると「自分も...」

拡大画像を見る

かんぽ生命保険(東京都千代田区)は「健康応援アプリ『すこやかんぽ』『恋人・パートナーとワークアウト』イベント」を2021年7月7日、東京・銀座の時事通信ホールで開催し、お笑いコンビ「ぺこぱ」がゲスト出演した。

同社の調査では、「パートナーがいる」人の約4人に1人がパートナーと一緒に運動している。それにより、年齢を重ねても「パートナーと仲が良い」と実感できているという。この調査をもとに、イベント冒頭では、九州大学名誉教授・医学博士の熊谷秋三氏が「パートナーと一緒に行う運動習慣について」解説。その後、ぺこぱの松陰寺太勇さん、シュウペイさんがウォーキングやラジオ体操を実際に行い、「パートナーと共に運動すること」の魅力を伝えた。

シュウペイとの会話減で松陰寺「ボケに反応できない」

売れていなかった時代は、電車賃節約のためにライブ会場から歩いて帰ることも多かったという、ぺこぱ。今ではゆっくり話す時間がなかなか取れないほど多忙だと言い、そのせいで「仕事」に影響が出ているそうだ。松陰寺さんは、「会話が減ったことによって、シュウペイのボケに反応できなかったりすることは、なくはないかも」と明かすと、シュウペイさんは「あれ、そうなんだ」と驚き、

「たまに一人ぼっちになっちゃう、みたいなね!放置されてるのかと思った(笑)」

と衝撃の事実を受け止めていた。

松陰寺さんは日ごろ、「奥さんと犬と3人で散歩する」のがリラックスタイムになっているという。そこで気になるのが、電柱のにおい。散歩中、愛犬がよく嗅いでいるため「どんなにおいがするんだろうなって。1回かいでみたい」。するとシュウペイさんが、犬の気持ちになり、「犬目線」で散歩をしてはどうかと提案。すかさず松陰寺さんが「通報されるだろ!」とツッコんで、会場を笑いに誘っていた。

さらに、愛犬が散歩中にフンをするところを見ると、「僕もしたくなる」と松陰寺さん。シュウペイさんから「ワンちゃんから『もらいウンチ』で、外でしているのか」と尋ねられると松陰寺さんは「ちょっと、待ってくれよ!するわけないだろ」と即座に否定。「俺が道でウンチしてるみたいな記事が出るだろ!」と、集まった報道陣を冗談めかしてけん制した。

ただのラジオ体操なのに「名言」が飛び出すのも「悪くないだろう」

健康増進のための機能が多数搭載されているスマートフォンアプリ「すこやかんぽ」を使うと、時と場所を選ばず「ラジオ体操」のメロディーを流せる。

おなじみの曲に合わせ、ラジオ体操を元気に行ったぺこぱだが、松陰寺さんは動きをダイナミックにアレンジ。普通の体操をするシュウペイさんの横で、松陰寺さんは「曲げて伸ばす。ほぐれるのはそう、心だ」「雑巾になったつもりで、ねじれて生きてみるのも...悪くないだろう」(画像5)と名言のような迷言を口にしつつ、本来のラジオ体操からかけ離れた「芝居がかった動き」で会場を圧倒していた。<J-CASTトレンド>

関連リンク

  • 7/9 19:00
  • J-CAST

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます