「Popteen」発MAGICOUR・KOKONAに1日密着 練習生との共同生活で本性明らかに

【モデルプレス=2021/07/09】ティーン雑誌「Popteen」発のダンス&ボーカルユニットプロジェクト「7+ME Link」(読み:ナナメリンク)の密着番組「ナナポプ」(毎週金曜18時〜)の第45話が9日、テレビ朝日動画「logirl」にて配信。メンバーのKOKONAに1日密着した。

KOKONAは高校入学に伴い、今年4月から単身熊本から東京に上京し寮生活を開始。寮では世界の舞台で活躍目指す練習生と一緒の共同生活。練習生は一体、KOKONAのことをどう思っているのか?

MAGICOURでは普段、見られない意外な一面が次々と明らかに?KOKONAの本当の本性とは?

◆KOKONA寮に初潜入

練習生と一緒に寮生活を送るKOKONA。今回、番組カメラが初めて寮に潜入。

レッスンでは決して見られないKOKONAの意外な特技が判明。みんなで作る夕食に悪戦苦闘するKOKONA…料理上手を自慢していたKOKONAだが果たしてどんな夕食が出来上がったのか?

◆「Popteen」発のガールズユニットプロジェクト

光り輝く「7つの個性」がプラスされて1つの「MEDIA」となり、10代のリアルな「MESSAGE」をダンスや歌、ファッションを通して世に発信し、その奇跡の「MEMORY」を記録していく同プロジェクト。

「7+ME Link」というプロジェクト名には、普通じゃない、誰も思いつかない「NANAME上」をいく発想力で唯一無二の存在感を放つという意味が、ユニット名の「MAGICOUR(マジックアワー)」には、「モデルからアーティストに変わる黄金タイム」「魔法(MAGIC)+私たち(OUR)で魔法を作る」という2つの意味が込められている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/9 18:30
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます