実はコメディが大の得意!イケメン俳優ライアン・レイノルズが出演する爆笑映画3選

拡大画像を見る

映画『フリーガイ』の公開を控えるイケメン俳優ライアン・レイノルズは、実はコメディ映画でその実力を発揮します!今回は、そんな彼が出演するおすすめの爆笑映画をご紹介!

『ペーパーマン』(2009)

https://www.imdb.com/title/tt0437405/mediaviewer/rm2024049920/?ref_=tt_ov_i

作品情報・あらすじ

公開:2009年
製作国:アメリカ
監督:キーラン・マローニー
出演:ライアン・レイノルズ/エマ・ストーン/ジェフ・ダニエルズ/リサ・クドロー/キーラン・カルキン ほか

売れない作家のリチャード(ジェフ・ダニエルズ)は、執筆に勤しむ為に妻と離れ、片田舎にやって来る。
いくら集中しようとしても物語が浮かんでこない彼は、ふと町に出ていくと、ちょっと変わった女の子アビー(エマ・ストーン)と出会う。
子供がいないにもかかわらずベビーシッターとして彼女を雇った彼は、アビーを家に招き入れる。
ここから、リチャードとアビーの奇妙な友情が幕を開けるのだった・・・

予告編・見どころ

2009年製作の幻の一本!
売れない作家が心のよりどころを求めて、ティーンエイジャーの女の子と友情を育んでいく話で、心温まる構成で描かれています。
後半にすべての事実が明らかになり、子供が欲しい中年男性と心のよりどころを求める年頃の女の子との疑似親子関係のような物が色濃く描かれた作品です。
ジェフ・ダニエルズ演じるリチャードの相棒的存在であるキャプテン・エクセレントを演じるのが、ライアン・レイノルズ。
2009年当時のライアンはまだ、そこまでブレイクしていた俳優ではなく、『グリーン・ランタン』や『デッドプール』と出会う前。
『ブレイド3』や『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に出演していたものの、主役級のスーパーヒーローを演じたかった彼が、自分がどれほどヒーローに相応しいかをアピールしているかのようです。
筋骨隆々の体をピチピチのスーパーマン風スーツで身を包み、表情から台詞回し、動きまでもが、彼のヒーローとしての素質を物語っています。
そういった部分がこの映画では滑稽な印象を与え続けており、終始、コメディ要素を強めてくれていました。

『ハッピーボイス・キラー』(2014)

https://www.imdb.com/title/tt1567437/mediaviewer/rm2031419136/?ref_=tt_ov_i

作品情報・あらすじ

公開:2014年
製作国:アメリカ
監督:マルジャン・サトラピ
出演:ライアン・レイノルズ/ジェマ・アータートン/アナ・ケンドリック/ジャッキー・ウィーヴァー ほか

精神的に問題を抱えるジェリー(ライアン・レイノルズ)は、愛しの女性フィオナ(ジェマ・アータートン)とデートの約束をするが、すっぽかされてしまう。
たまたま雨の中、彼女を車に乗せるが、とんでもない方向に事が進んでしまう・・・

予告編・見どころ

社会病質者の妄想や考えていることが色濃く映し出されていて、なかなかゾッとする映画なのですが、コメディ要素がふんだんに盛り込まれており、どこか滑稽に映る作品です。
しかし、そこがまた、より一層不気味な雰囲気を醸し出していて、現代版の『アメリカン・サイコ』的要素を持った作品だと言えるかもしれません。
主演のライアン・レイノルズが、とにかく怖い!でも、面白い!
世界一セクシーな男がこの役を演じているからこその怖さがあるし、イカれた目つきがハンパじゃない!
背筋が凍るほどに怖い・・・でも面白い!

『ヒットマンズ・ボディガード』(2017)

https://www.imdb.com/title/tt1959563/mediaviewer/rm476131072/?ref_=tt_ov_i

作品情報・あらすじ

公開:2017年
製作国:アメリカ
監督:パトリック・ヒューズ
出演:ライアン・レイノルズ/サミュエル・L・ジャクソン/ゲイリー・オールドマン/サルマ・ハエック/エロディ・ユン ほか

重要人物を護衛する通称‘‘トリプルA’’のボディガード マイケル・ブライス(ライアン・レイノルズ)は、ある日、護衛中だった武器商人の日本人が狙撃されてしまったことから評価を下げ、今では荒んだ生活を送っていた。
そんな彼の元にかつての恋人でインターポールの捜査官アメリア(エロディ・ユン)から一本の電話がかかる。
それは旧ソ連ベラルーシの大統領を告発するための裁判にて証言をする人物を裁判所まで送り届けてほしいという依頼だったが、その人物こそマイケルにとって因縁の相手であり、いつも護衛の邪魔をする殺し屋のダリウス・キンケイド(サミュエル・L・ジャクソン)だった・・・。

予告編・見どころ

因縁の相手であるが故に息の合わない2人が織りなす、痛快バディ・ムービー!
アクション映画でありながら、凸凹コンビが織り成す抜群のコメディ要素が絶妙なバランスで織り交ぜられており、アクションというよりも、男同士のロマンティック・コメディのような印象さえ受けます。
抜群の相性を魅せるライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソンの好演も最高!
ボディガードのマイケル・ブライスに扮するライアンは、これほどまでのイケメンでありながら、どこかシュールに映る独特なセンスを持った俳優。
代表作『デッドプール』では、‘‘第四の壁’’を超越する演出が施されていましたが、本作でもそのオマージュと見て取れるシーンが存在しており、ファンを楽しませてくれます。
ピシッと決まった出で立ちでありながら、どこかおとぼけな雰囲気も醸し出す彼にとって、まさにハマり役と言えるようなキャラクターです。

関連リンク

  • 7/8 18:00
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます