「金スマ」打ち切りより心配な“中居正広と安住紳一郎の関係悪化”疑惑

拡大画像を見る

 6月29日発売の「女性自身」が、中居正広の飲酒に関する記事を掲載した。中居は大の酒好きで、毎日欠かさず飲んでいるという。

「記事によると中居は、40代になっても1週間で焼酎2升ペース、毎日平均6時間の宅飲みをするほど酒好きなのだとか。また、酒量が減らない理由は、現在の環境も影響しているそう。彼は昨年、独立後に個人事務所を立ち上げましたが、経営にかかる高額な支払いに四苦八苦しているほか、冠番組の打ち切りの噂を聞くと、スタッフに申し訳ないと悩んで、さらに酒の量が増えてしまうとのこと」(芸能記者)

 そんな中居の冠番組に関する記事といえば、6月14日の「デイリー新潮」が「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)の打ち切り危機を報道。記事によると、同番組は視聴率が苦戦しており、今秋の改編対象番組としてリスト入りしているというのだ。

 また、「金スマ」にはTBSの人気アナ・安住紳一郎も進行役として出演しているが、中居との関係に暗雲が立ち込めている可能性があるという。

「7月2日のニュースサイト『覚醒ナックルズ』によると、ジャニーズから独立した中居は、裏で安住アナにフリー転身を勧めたほか、自分の事務所に入れようとしていたのだとか。しかし安住アナがフリーとなることを拒否したことで、2人の間にギクシャクとした空気が生まれたという噂が飛び交っているとのこと。もし一部報道の通りに9月で『金スマ』が打ち切りとなった場合、2人の共演も激減してしまうかもしれません」(前出・芸能記者)

 はたして「金スマ」は、秋の改編を乗り越えられるのか。これ以上、中居の酒の量が増えないことを願うばかりだ。

関連リンク

  • 7/9 18:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます