【七夕賞 枠順データ分析】波乱傾向も、7・8枠からの二桁人気での馬券絡みは無し

拡大画像を見る

 11日に福島競馬場で行われる七夕賞(3歳上・GIII・芝2000m)について枠順・馬番別に検証していく。なお、中山競馬場で代替開催された2011年はデータの集計対象外とした。

 過去10回、馬番別では最多となる5回の馬券絡みが12番。4回で4番、7番、8番が続く。一度も馬券絡みが無いのは1番、14番、16番。

 参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。

1枠 1-0-1-16/18 複勝率11.1% 複勝回収率77%
2枠 2-2-0-14/18 複勝率22.2% 複勝回収率72%
3枠 1-1-0-16/18 複勝率11.1% 複勝回収率65%
4枠 3-1-3-11/18 複勝率38.9% 複勝回収率382%
5枠 0-2-3-15/20 複勝率25.0% 複勝回収率96%
6枠 3-1-3-13/20 複勝率35.0% 複勝回収率243%
7枠 0-1-0-19/20 複勝率5.0% 複勝回収率19%
8枠 0-2-1-17/20 複勝率15.0% 複勝回収率42%
※2010年は3着同着

【10人気以下】
1枠 0-0-1-8/9 複勝率11.1% 複勝回収率112%
2枠 0-1-0-3/4 複勝率25.0% 複勝回収率157%
3枠 1-0-0-6/7 複勝率14.3% 複勝回収率138%
4枠 2-0-1-6/9 複勝率33.3% 複勝回収率628%
5枠 0-0-1-6/7 複勝率14.3% 複勝回収率97%
6枠 0-0-2-3/5 複勝率40.0% 複勝回収率676%
7枠 0-0-0-12/12 複勝率0.0% 複勝回収率0%
8枠 0-0-0-9/9 複勝率0.0% 複勝回収率0%

 過去10回、ベタ買い時の単勝回収率が145%、複勝回収率が123%という波乱含みの一戦。荒れるのが普通という前提で臨んでよいぐらいだ。1番人気が[2-1-2-5]と複勝率50%にとどまっているのに対し、10番人気以下の馬券絡みが9頭。直近5年でも、16年のオリオンザジャパン(11番人気3着)、18年のメドウラーク(11番人気1着)、18年のパワーポケット(12番人気3着)、19年のロードヴァンドール(12番人気3着)が二桁人気で激走を果たしている。
 
 注意したいのは、7枠8枠から二桁人気で馬券絡みを果たした馬がいない点。七夕賞自体は上がりを要して差し決着になりやすいレースではあるものの、小回りコースだけにずっと外を回る形だと差し損ねてしまうのかもしれない。穴を狙うなら中枠に注目だ。

関連リンク

  • 7/9 12:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます