「遊び相手に決定!」と、チャラ男からマークされる発言9パターン

恋愛に「絶対に失敗しない方法」はないとしても、「明らかにマイナスな結果を招く行動」だけは避けておきたいもの。よからぬ下心を持った男性に狙われないためには、要らぬ発言を慎んだほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性289名に聞いたアンケートを参考に「『遊び相手に決定!』と、チャラ男からマークされる発言9パターン」をご紹介いたします。

【1】「尽くすタイプなの」など、自分の奉仕キャラを誇る
「受け身体質の女は扱いやすい。謝れば何でも許してくれそう」(20代男性)というように、「尽くす」というフレーズは男性の邪心を掻き立てるようです。情の厚さをアピールしたいのであれば、「世話を焼くタイプ」「お母さんキャラ」などと言い換えるのが無難でしょう。

【2】「この前、酔っぱらって記憶なくしちゃった」など、失敗談をあけすけに語る
「自制心がない女は本命にしたくない」(20代男性)など、信頼関係が築けていない相手に失敗談を語ると軽く扱われる可能性があります。とはいえ、普段から完璧に仕事をこなすなど、真面目な印象を植え付けておけばダメな一面も愛してもらえるかもしれません。

【3】「じつは私ってドMなの」など、下ネタを好む
「遊び慣れてるのかと思うと、『一夜限りの関係』を願いたくなる」(20代男性)というように、下ネタへのスタンスを見て、紳士からチャラ男モードに豹変する男性は少なくありません。会話がエロい方向になっても、不用意な発言は避けたいところです。

【4】「騙されやすいのよね」など、不幸な自分に酔う
「表面的な優しさを見せるだけで心を許すタイプ」(10代男性)など、不幸アピールをしたところで、悪い男に弱点を分析されるのがオチです。「いろんな経験をして慎重になった」と学習能力を見せて、ガードの堅さを印象付けましょう。

【5】「私なんてドブスだから!」など、極端に自己評価が低い
「自分に自信がない女性は褒めれば楽勝」(20代男性)というように、自分を卑下する発言は、チャラ男に攻略法を教えているようなものです。ネガティブ発言が口癖になっている人は、無理をしてでもプライドを高く持ったほうが、男性に大事にしてもらえるでしょう。

【6】「男はアヒル口が好きなんでしょ」など、テレビや雑誌の情報を鵜呑みにする
「型にハマった口説き文句ですぐに落ちそう」(10代男性)というように、メディアの情報ばかりを判断基準にしていると「流されやすい女」だと思われてしまいます。ありきたりな男に引っかからないためにも、「自分」をしっかり持ちたいところです。

【7】「えー、何食べようかな、分かんない」など、何事にも優柔不断な態度を見せる
「自分で決められないから押しに弱いはず」(20代男性)というように、弱気な性格に容赦なくつけ込むのがチャラ男というものです。何があっても終電で帰ったり、付き合うまではキスを許さないなど、男性を本気にさせるような意志の強さを見せましょう。

【8】「筋肉フェチなんだよね」など、相手の外見に合わせて媚びるようなことを言う
「誰にでもついていきそう」(10代男性)というように、見た目重視な恋愛観を前面に出した発言は、「軽い女」だと誤解を招きかねません。「付き合うなら誠実な人に限る」など、ルックス以外の好みも打ち明けてバランスを取りたいところです。

【9】「恋愛依存症かもしれない」など、恋愛のことしか頭にない
「『恋に恋してる女』がいちばん扱いやすい」(20代男性)というように、チャラ男の餌食になりたくないなら恋愛願望は安易に語らないのが得策です。「次に付き合う人とは結婚を考えたい」など、多少の「重さ」を匂わせれば軽薄な男を遠ざけることができるでしょう。

総合的に見ると、性格を簡単に見抜けそうな発言に、チャラ男は食いつく傾向があるようです。周囲にロクな男がいない人は、一度自分の発言を見直してみてはいかがでしょうか。(浅原 聡) 【調査概要】 期間:2014年1月14日(火)から21日(火)まで 対象:合計289名(10代、20代の独身男性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 18:00
  • オトメスゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます