“日本一かわいい中学一年生”を決める「中一ミスコン2021」候補者公開 投票スタート

【モデルプレス=2021/07/09】“日本一かわいい中学一年生”を決めるコンテスト「中一ミスコン2021」は9日、『投票サイト powered by モデルプレス』をオープンし、SNS審査をスタート。投票サイト上で、すべての候補者の写真とプロフィールが公開された。

◆「中一ミスコン2021」全候補者を公開

9日よりオープンした投票サイトでは、応募者の中から書類審査や面接審査を通過したセミファイナリストたちを、プロフィールとともに一挙公開。SNS審査では、「Twitter投票」「モデルプレスアプリ投票」「リツイート数」「ページ閲覧数」「ライブ配信審査」「動画投稿審査」「総合ポイント数」の7項目で審査し、ファイナリスト7人を決定する。

18日まで審査が行われ、結果は19日にモデルプレスにて発表予定。

なおグランプリ発表は27日に行われる予定で、グランプリを受賞すると本戦である「JCミスコン2021」のファイナリストに選出されることが決定している。

{アプリ投票button|アプリ投票はこちら|2650240|42}
◆「中一ミスコン」初開催

数々のスターを発掘した“日本一のかわいい中学生”を決める「JCミスコン」の前哨戦ともいえる、「女子中学一年生」限定のコンテスト。

今回が初開催となっており、「初代グランプリ」の座を争う形となる。本年度のグランプリ発表は7月27日に行われる予定で、グランプリを受賞すると本戦である「JCミスコン2021」のファイナリストに選出されることが決定している。

◆「中一ミスコン2021」スケジュール

7月9日~7月18日:SNS審査
7月19日:ファイナリスト発表
7月27日:グランプリ発表

※スケジュールは変更の可能性あり

※「中一ミスコン2021」の問い合わせ
下記「女子高生ミスコン」運営メールアドレスまで。
support@jkmisscon.jp


◆“日本一かわいい中学生”を決める「JCミスコン2021」エントリー受付中

本戦となる「JCミスコン」は、「みんなで選ぶ、日本一かわいい中学生」をコンセプトに掲げ、今年で5回目を迎える、全国規模の女子中学生限定のコンテスト。事務所に所属していない女子中学生であれば誰にでも参加が可能でエントリーを受付中。

2017年に出場した西川樹里は、モデルプレス賞を受賞。その後、Abemaで配信された人気恋愛リアリティーショー「今日、好きになりました。」に出演し、人気メンバーへと躍進。現在は大手芸能事務所「avex」に所属しながら、女優、モデル、アパレルブランドのプロデュースなど幅広く活躍しており、TEEN世代の憧れの的となっている。

2018年に出場した向葵まるも、コンテスト後に「今日、好きになりました。」に出演して注目を浴び、現在はモデル、アパレルブランドのプロデュース、テレビ出演、YouTube活動などマルチに活躍。そのほか、2019年グランプリの高木凛汐はTEENSモデルとして活躍するなど、多くの次世代スターが誕生している。

詳細は公式HPをチェック:https://missmrcon.jp/
◆JCミスコン、感染症対策のもと合宿審査も開催

JCミスコンでは、セミファイナリストを各地に招待して行う「週末レッスン」が恒例となっているが、今年も全国6都市にて、セミファイナリスト100名を対象に開催予定。また、セミファイナルを勝ち抜いたファイナリストを東京に集めて行う、ファイナル合宿も開催を予定している。

ファイナリスト選出には、この地方週末レッスンも審査対象となり、候補者たちはセミファイナリストからレッスンや撮影、セルフプロデュースなどを学び、ファイナル合宿を踏まえ「日本一かわいい中学生」の称号を狙う。

コンテストのエントリーに関する質問は、公式LINE@にて(公式LINE@を登録し、チャットで質問を行うとスタッフが返答する仕組みとなっている)。

エントリーはこちら:https://aura-mico.jp/qr-codes/20362/previewpage

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 7/9 18:00
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます