森永卓郎氏、菅総理の協力金事前支払いに疑問視「今までのが払えてないのに」

拡大画像を見る

 経済アナリストの森永卓郎氏が9日、日本テレビ・読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」で、菅義偉人総理が8日の会見で事業者に協力金を事前に支払うことを可能にすると発言したことに「今までのが払えてないんだから、先渡しなんてできるはずがない」と意見した。

 番組では、4回目の緊急事態宣言で酒類提供は停止となることなどを伝えた。またも飲食店などに大きな負担がかかるが、菅総理は協力金を事前に支払うことを可能にすると発言している。

 これに森永氏は「今までのが払えてないんだから、先渡しなんてできるはずがないんですよ」と、これまでも協力金の遅れが報じられていることから、先渡しができるか疑問視。

 また、西村康稔経済再生担当大臣が酒類提供を続ける店の情報を取引先金融機関と共有し、金融機関から働きかけてもらうように調整していると発言し、この日になり、融資を制限するということではないなどの釈明を行っていることにも言及。

 「企業は赤字で倒産するんじゃない、資金繰りがつかなくなくて倒産するんです。だから今、みんな緊急融資を受けているわけです」とも語ると「そんな中で銀行が、ちょっと酒出すんじゃないぞとチラッと言っただけでみんなビビるんです」ともコメント。だからこそ「そのやり方はズルいと思いますよ。法的根拠がない中で脅すって言うのは…」との思いを吐露していた。

関連リンク

  • 7/9 16:30
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます