カルディの冷凍クロワッサンを焼くだけ!話題の「クロッフル」作ってみた。

拡大画像を見る

今話題の「クロッフル」をご存知ですか? クロワッサンとワッフルを掛け合わせた韓国の次世代スイーツです。

農水省が予想する2021年の流行スイーツのひとつで、「王様のブランチ」や「ZIP!」など、多くのテレビ番組でも取り上げられています。

そんな人気スイーツ、おうちでも手軽に作れるんです。

約10分で完成

使用するのは、カルディコーヒーファームの「オスカーモンド クロワッサン」です。

本格的な味わいが楽しめることで人気の冷凍クロワッサンですが、ワッフルメーカーで焼くだけで「クロッフル」を作れます。

まず、凍った生地を取り出し、軽く押したら、生地が柔らかくへこむ程度に解凍します。所要時間は20~30分前後です。

解凍したら、ワッフルメーカーにのせます。生地にバターが塗ってあるため、プレートに油を引く必要もなく、そのまま挟んで焼きます。

弱火で両面を約5分ずつ焼けばOKです。クロワッサン生地が膨らみ、表面がおなじみの蜂の巣状になっています。

好みでフルーツやアイスクリームを添えば完成です! 豊かなバターの風味が漂ってきて、食欲をそそりますね。

ワッフルともクロワッサンとも異なる食感

ひとくち食べてみると、ワッフルともクロワッサンとも異なる新しい食感が味わえます。

クロッフルの表面はサクッと、中はもっちりしています。ふわっとした空気感を感じるクロワッサンと違い、よりしっかりとした歯応えが楽しめます。

見た目はワッフルですが、香り高いクロワッサンの風味と新たな食感で、いいとこ取りのハイブリッドスイーツに仕上がりました。

作り方がとても簡単なので、みなさんもおうちスイーツタイムにやってみてはいかが?

関連リンク

  • 7/9 16:07
  • 東京バーゲンマニア

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます