上野動物園の双子パンダ 性別はオスとメス「健康状態良好、体重も順調に増加」

 上野動物園は9日、6月23日に誕生した双子のジャイアントパンダの性別がオスとメスだったと発表した。

 上野動物園では定期的にパンダの近況を公式HPにアップしているが、この日はついに性別が判明。これまで先に保育器にいれたパンダを「こども1」と表し、出産後にシンシンが抱いていたパンダを「子ども2」としていたが、「こども1」がオス、「こども2」がメスと判定したという。

 「2頭とも健康状態は良好で、体重も順調に増えています」とも記され「目の回り、耳、肩から前足、後ろ足など皮膚の黒色模様が、前回情報提供時(6日)よりも濃くはっきりとしてきました」と様子を伝えている。

 8日の時点でオスは体重331グラム、メスは6日の時点で319グラムとなっている。

関連リンク

  • 7/9 15:17
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます