東国原英夫「到頭政府は壊れ始めたか?」 飲食店への金融機関働きかけなどに仰天

拡大画像を見る

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が9日、ツイッターを更新。政府が酒類提供の飲食店が休業に応じない場合、その店舗情報を金融機関に提供する考えを明かしたことなどに「マジか!」「到頭政府は壊れ始めたか?」と驚きをつぶやいた。

 政府は4回目の緊急事態宣言を12日に発出することから酒類販売業者に対し、要請に従わない店と酒類取引を行わないように求め、要請に応じた店には協力金の先渡しができる仕組みも導入するとしている。さらに要請に応じない飲食店のため、金融機関に働きかける方針も示している。

 これに東国原は「飲食店への『酒類販売事業者に取引停止要請』や『金融機関からの働き掛け』って、マジか!」と仰天。「法的根拠も無く、最もやってはいけない悪手」とまでつぶやいた。そして「到頭政府は壊れ始めたか?」と驚きを隠さなかった。

関連リンク

  • 7/9 14:13
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます