女性のわがままを男らしく注意したいときの一言9パターン

女性は少しくらいわがままなほうがかわいいもの。しかし、あまりにも行きすぎているのは問題です。そんなとき女性はどんな風に注意されたら、素直に聞き入れることができるのでしょうか。オトメスゴレン女性読者へのアンケートをもとに、「女性のわがままを男らしく注意したいときの一言」をご紹介します。

【1】「それはわがままだよ」とストレートに伝える。
「遠回しな表現じゃなくはっきり言われたら、反省しなきゃと感じる」(30代女性)と、男性の真剣な態度から反省をする女性は多いようです。ただし、頭ごなしに怒ったり、上から目線の言い方にならないように気をつけましょう。

【2】「本当は言うことを聞いてあげたいけど、それじゃお前のためにならないんだよ」と優しく諭す。
「きつく叱られたり、キレられると喧嘩になっちゃう」(20代女性)と、冷静に諭されれば素直に受け止められるという女性は多いようです。「俺を困らせるな」などの自分本位な発言はせず、「お前のために」を強調しましょう。

【3】「そういうこと言うのは、俺の前だけにしとけよ」と、自分だから許せることをアピールする。
「他の人には言わないようにしなきゃ、とハッとする」(20代女性)と、わがままを言えるのは特別な相手だからだと気づき、心を改める女性もいるようです。恩着せがましい言い方はせず、さらりとシンプルに言うと好印象でしょう。

【4】「いい子だから、分かるよな?」と、子どものようにたしなめる。
「お兄さん的存在にキュンとする。素直になろうと思う」(10代女性)と、あえて子ども扱いされることでおとなしくなる女性もいるようです。ただし、年上の女性に対しては生意気と思われる可能性があるので、注意しましょう。

【5】「気持ちは分かるよ。でもね…」と、一度受け止めてからきちんと理由を説明する。
「尊敬できるし、大人の男性の居心地の良さを感じる」(30代女性)と、落ち着いた対応を見て、素直に納得する女性も多いようです。わがままを否定する前に、まずは一通り話を聞いてあげるようにしましょう。

【6】「『わがまま』もかわいいけど、『お願い』してくれたらもっとかわいいのにな」と言う。
「褒めつつ注意されたら何も言えない」(20代女性)と、女性は「かわいい」という褒め言葉が入るだけで、素直になれるようです。言うことを聞いてくれた後さらに褒めておけば、より効果的でしょう。

【7】「今日だけだからね」と、わがままを言っていいのは一回きりと約束させる。
「優しいと思う半面、我慢させて申し訳ない…」(20代女性)と、一度でもわがままを受け入れてくれた男性に、感謝と反省の心を持つ人もいるようです。ただし、毎回「今日だけ」と言うとなめられる恐れがあるので、気をつけましょう。

【8】「こらっ」と軽くつついてみたり、スキンシップをしながら優しく叱る。
「くすぐられたりしたら、もう分かったよってなる」(10代女性)のように、軽くじゃれ合って注意すれば、案外丸くおさまることもあるようです。ほっぺたをつねるなども有効ですが、強すぎると嫌われるので注意しましょう。

【9】「そんなこと言ってもだめですー!」と、冗談まじりにちゃかす。
「冗談ぽく流されたら、じゃあ仕方ないかと諦める」(10代女性)と、ちゃかした言い方は、険悪なムードにならずに解決できる方法の一つのようです。ただし、冗談のつもりがつい強い口調にならないよう、気をつけましょう。

ほかに「女性のわがままを男らしく注意したいときの一言」には、どんなものがあるでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。(池田香織/verb)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 12:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます