彼女に振られても交際をキレイな思い出にするためのセリフ9パターン

大好きな彼女から別れを切り出されたら、動揺するのは当然でしょう。それでも、「もう戻れない」ことを悟ったのなら、二人の歴史を美しい思い出にするためにも、気の利いた一言を残したいところです。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「彼女に振られても交際をキレイな思い出にするためのセリフ」をご紹介します。

【1】「最高の思い出をありがとう」ととにかく感謝の気持ちを述べる
「傷つけたのに、感謝されるとは思わなかった」(10代女性)というように、付き合ってくれたことについて「ありがとう」を伝えるパターンです。さすがに別れの当日に感謝できないという場合は、心の整理がついてから、後日メッセージとして届けるのもアリかもしれません。

【2】「そういう嘘が吐けないところが好きだった」と責めずに好意的に受け止める
「怒られると思っていたので意外だった」(20代女性)というように、彼女の誠実な対応を褒めるパターンです。「ほかに好きな人ができた」と正直に明かされたのであれば、そのことに感謝しましょう。

【3】「別れるなんて考えられないけど…諦めるよ」と彼女の意志を尊重する
「サバサバしていて男らしいと思いました。私が振られたの?って思うくらい」(10代女性)というように、潔く身を引くパターンです。もうヨリを戻せそうにないと感じたら、スパッと諦めたほうが気持ちのいい印象を残すことができそうです。

【4】「頼りないところたくさん見せて申し訳なかった」と至らぬ点を反省する
「私のせいで別れるのに、責めずに反省するなんて素敵だと思ってしまった」(20代女性)というように、自分の未熟さを責めるパターンです。交際中にヘタレっぷりを見せてしまった人は、反省を見せつつ「次会うときは大きくなっているから」と成長を誓いましょう。

【5】「またいつでも戻ってきていいから」と心の広さを見せる
「その言葉に甘えてしまいそうな自分が怖い」(20代女性)というように、器の大きさを感じさせる言い回しで、まだ未練があることをほのめかすパターンです。すぐに気持ちが切り替えられそうもないときには、「待ってるよ」という気持ちを表に出してもいいのではないでしょうか。

【6】「悔しいけど、幸せを祈ってるよ」と次の恋を応援する
「ほかに好きな人ができたわけじゃなく、単に気持ちが離れただけなのに、未来の恋まで応援されて申し訳ない」(20代女性)というように、次の恋愛で幸せになることを心から願うパターンです。面と向かって「幸せを祈っている」とは言いづらい場合は、LINEなどで送るといいかもしれません。

【7】「運命の人ならまた会えるよね」と控えめに期待をつなぐ
「なんてロマンチストな人なんだろう…別れるのに惚れ直しました」(20代女性)というように、再会をほんのり期待するセリフで締めるパターンです。とはいえ、しつこくアプローチするとストーカー行為と誤解されるので、距離を置いて心変わりを待ちましょう。

【8】「新しい彼氏に大切にしてもらいなよ」と笑顔で彼女の背中を押す
「こっちが浮気したのに、いい人すぎて涙」(10代女性)というように、彼女が見つけた新しい恋を応援するパターンです。別れる前に気持ちの整理がついていて、笑顔を見せられるのなら、できるだけ明るく送り出してあげてはいかがでしょうか。

【9】「今まで生きてきたなかで一番好きでした」と思いの丈を述べる
「そんな風に言ってくれる人が今後現れるかどうか、不安になりました…」(20代女性)というように、自分史上もっとも素敵な女性だったと最後に強調するパターンです。交際をキレイに締めくくるだけでなく、一発逆転の望みをかける意味でも効果的なセリフかもしれません。

いろいろなセリフが出てきましたが、「彼女を責めない」というニュアンスはすべてに共通するようです。失恋は辛いものですが、付き合ってくれたことへの「感謝」や次の恋を「応援」する気持ちを、伝えられるといいかもしれません。(外山武史)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 12:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます