東急電鉄、旧定期券売り場が「シェアオフィス」に サブスクで運用

拡大画像を見る

 東急電鉄は、旧定期券うりばの空きスペースを活用して7月12日にシェアオフィスを新設。空間提案でsubsclifeのサブスクリプションサービスを正式に採用する。

 シェアオフィスは、武蔵小杉駅の旧定期券うりば跡地を活用した「TSO エキ de work Kosugi」と、長津田駅の旧定期券うりば跡地を活用した「TSO エキスル長津田」の2カ所で展開する。
 武蔵小杉駅の周辺は共働き世帯が多く、駅利用者の多くは都心へ通勤しており、新型コロナ禍でテレワークに切り替える企業も多いことから、オフィス以外での働く場所のニーズが高く、駅周辺のカフェやコワーキングスペースは賑わっている。
 また、駅前の再開発によってデザインを重視することも想定して、「職住近接で働くこともできるカフェ」をテーマにした。
 長津田駅については、周辺に緑が多く落ち着いた静かな環境であり、ファミリー層がメインで利用者の多くは都心へ通勤していることから、子育てとの両立をしている人が多いと想定。移動の合間や、帰宅前の短時間の利用時にくつろげるよう、「ゆとりのあるオープンスペース」をテーマにしつつ、密回避で安心して利用可能な空間を目指した。
 TSO エキ de work Kosugiは、座席数が5席(うち1席はスタンディング席)で、無線LANとコンセントを用意する(個室・電話ブースなし。ウェブ会議や食事は不可)。営業時間は7~20時(土日祝日営業)で、利用料金は15分あたり100円。
 TSO エキスル長津田は、座席数が9席で、無線LANとコンセントを用意する(個室・電話ブースなし。ウェブ会議や食事は不可)。営業時間は7~20時(土日祝日営業)で、利用料金は15分あたり100円。1日最大1000円。

関連リンク

  • 7/9 12:00
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます