早く気づいて♡男が見せる【かまちょサイン】4パターン

拡大画像を見る

 男性は「彼女に甘えたい」と思ってもなかなか素直になれないもの。構ってほしいことを口に出すことができない男性は、どんなサインを出すのでしょうか? 


何かしているときにボディタッチ

料理をしているときやスマホを見ているときなど、あなたが何かをしているときにボディタッチをしてくるのは男性の構ってほしいサイン。「かまって♡」とは言えないので、ちょっかいを出すことで存在をアピールしているのです。「集中しているからやめてよ」と迷惑そうに言っても、反応してくれることが嬉しくてボディタッチを辞められないのだとか。幼いころ好きな子をいじめてしまう傾向があった男性に多い行動です。 


連絡の頻度が高くなる

男性は一つのことに集中するタイプの人が多いので、仕事が忙しいと必要最低限の連絡しかしない傾向があります。仕事の忙しさから解放されると一気に恋愛に集中するので、電話やLINEなど連絡の頻度がグッと上がります。彼の方から積極的に連絡がくるときは、構ってほしいというサインです。「会いたいな♡」「○○に行きたいな」とあなたから提案してみると喜ばれますよ。 


不機嫌だけど近くにいる

「構ってほしい」「寂しい」という気持ちをうまく表現できず、不機嫌になってしまう男性もいます。一緒にいるときに無言で機嫌が悪そうだけど距離は近いというときは「甘えたいけど何て言っていいかわからないから視界に入っておこう」と思っているのです。冷たい態度だからといって嫌われているわけではないので、あなたの方からスキンシップをしてみては? 


他の女性をチラつかせる

元カノの話をしてきたり、女友達と仲良くしている姿を見せてくるときも構ってほしいサイン。あなたにヤキモチを焼かせることで、構ってもらおうとしているのです。激怒するのではなく、可愛くヤキモチを焼くと喜んでくれますよ。 男性ははっきり甘えたいと言えない生き物なので、さまざまな言動で寂しさを表現してきます。いつもと違うと感じたときは構ってほしいサインかもしれません。(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 7/9 12:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます