志尊淳「カルティエ」心斎橋ブティックの新コンテンツに登場、バーチャルツアー体験も

拡大画像を見る

カルティエが『VOGUE JAPAN』とともに展開しているカルティエ 心斎橋ブティックのスペシャルコンテンツに、本日7月9日、新たなコンテンツが公開される。



新たなコンテンツには、自由を愛し、独創性にあふれ、しなやかにそして大胆に時代を切り開く、カルティエの象徴「パンテール」のスピリットを体現する俳優の志尊淳が登場する。7月16日には、モデルの秋元梢も続き、「私とパンテールを繋ぐ5つのキーワード」と題して、自身と「パンテール」の共通項を表現。


今回の撮影を終えて、志尊淳は「パンテールを身に着けてみて、気分が上がり、自分自身を肯定できるような強さを感じました。自分を強く、まっすぐ保つ為に背中を押してくれる、共闘してくれる象徴だなと。パンテールと共にどんどん挑戦していきたい。そう思える撮影でした」と語っている。


一方、秋元梢は「パンテールは私にとって、格好いい女性の象徴。私自身、変わらない強さだったり、自分の中で譲れないものがあります。ぶれない、惑わされない。その内面の強さを大切にしながら、新しいものも受け入れる柔軟性を持てるよう、パンテールと共に進化していきたいです。」と、パンテールが持つ“芯の強さ”を語り、パンテールのスピリットとそれぞれの内に秘めた思いや精神性が呼応したコンテンツとなっている。


さらに、3Dでブティック体験ができる「カルティエ 心斎橋ブティック バーチャルツアー」内にも志尊淳が登場。お薦めのスポットを紹介するバーチャルツアーを体験できるほか、7月21日よりカルティエのLINE公式アカウントのお友達限定で視聴可能な動画も公開予定。大阪にまつわるエピソードを披露する。


7月9日を皮切りに、スペシャルコンテンツが順次公開される。



関連リンク

  • 7/9 11:25
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます