最終回が最高だった少年漫画ランキング

拡大画像を見る

好きな漫画であればあるほど、最後はハッピーエンドを願ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、最終回が最高だったと思う少年漫画がどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

1位 犬夜叉
2位 鋼の錬金術師
3位 タッチ

1位は『犬夜叉』!


中学生の日暮かごめが、祠の中の隠し井戸に落ちるとなんと戦国時代へタイムスリップ。そこで半妖である犬夜叉と出会い、かごめの体内から出てきた四魂の玉をめぐった冒険が繰り広げられる。連載終了の5年後には、最終回から半年後を描いた読み切り作品が発表された。

掲載誌:週刊少年サンデー
作者:高橋留美子
連載期間:1996年~2008年

2位は『鋼の錬金術師』!


錬金術最大の禁忌とされる「人体錬成」を行ったため、体の一部を失ってしまったエドワードと、体全てを失ってしまったアルフォンスの兄弟が、全てを取り戻すために旅をするダークファンタジー。

掲載誌:月刊少年ガンガン
作者:荒川弘
連載期間:2001年~2010年

3位は『タッチ』!


野球部のピッチャーで、甲子園出場を目指していた上杉和也が不慮の事故で他界したことがきっかけで、双子の兄である上杉達也がその意志を引き継ぎ、和也のため、そして幼なじみの浅倉南のため、甲子園を目指して力投する青春ラブコメディー。

掲載誌:週刊少年サンデー
作者:あだち充
連載期間:1981年~1986年

いずれ劣らぬ名作が上位に並んだ今回のランキング。気になる4位~56位のランキング結果もぜひご覧ください。

あなたが最終回が最高だったと思う少年漫画は、何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
投票合計数:2,758票
調査期間:2021年1月22日~2021年2月05日

関連リンク

  • 7/9 11:30
  • gooランキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます