浜崎あゆみ「人としての尊厳を傷つけられた時が……」“意味深発言”に憶測広がる

拡大画像を見る

 歌手の浜崎あゆみ(42)が8日、インスタグラムのストーリーズを更新。“人としての尊厳”について意味深につづった。

 6月26日、27日にファンクラブ限定で491日ぶりとなる有観客ライブ『MUSIC for LIFE〜return〜』を開催した浜崎。この日の投稿では、豪華なドレスを着ているステージショットを公開した後、「地位とか名誉とか関係なく、人としての尊厳を傷つけられた時がボーダーラインなんじゃないかと思う。貫き通すべきプライドもあれば、捨てるべきプライドもある。それ全部ひっくるめてゆずれない想いって意味だから」とつづったテキスト画像をアップした。

 浜崎の発言について、ネットでは「歌詞みたいな書き方」「いつも抽象的な言い方で意味がわからない」「言ってることが全然わからない」との声があがっていた一方で、「誹謗中傷に対してかな? と思った」「自分のことだけでなく、社会のSNSでの誹謗中傷に対しても言っているのかも」と誹謗中傷問題への持論ではないかという憶測や、「これって差別発言のサッカー選手に向けた言葉?」とスペインのバルセロナに所属するフランス代表の選手が日本のホテルを訪れた際に、アジア人や日本人に対して差別的な発言をしているとみられる動画がネット上で拡散された件について言及しているのではないかとの意見もあった。

 浜崎が何に対してこのような発言をしているのかは不明だが、彼女は5月に第二子出産を発表したばかりでもある。産後の心身に負担がかかっていないといいのだが……。

関連リンク

  • 7/9 11:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます