鈴木福の“生涯の夢”!「仮面ライダー俳優」の高すぎる壁と超残酷物語

拡大画像を見る

 7月8日発売の『週刊文春』の対談「阿川佐和子のこの人に会いたい」に、俳優の鈴木福(17)が登場。子役時代から愛してやまない、あるシリーズについて思いのたけをぶちまける場面があった。

「福くんも、もう17歳。そのため、阿川さんは“もう適齢期じゃない?”と仮面ライダーの話を始めたんです。ちなみに、これまでの最年少主演記録は、W主演作だった09年の『W』で桐山漣(36)の相棒だった菅田将暉(27)が当時16歳でした。単独主演作では、07年の『電王』の佐藤健(31)と15年の『ゴースト』の西銘駿(23)がどちらも当時17歳でしたね」(特撮ライター=以下同)

 阿川は昨年8月15日放送の『サワコの朝』(TBS系)で、菅田に仮面ライダー時代の過酷だった撮影やプレッシャーなどの話を聞いていた。当時、菅田を含む一同は撮影前日に監督から、

「明日からの君たち次第で(仮面ライダーの)長い歴史が終わるかもしれません。頑張りましょう」

 と、16歳にはあまりに重すぎる言葉をかけられたことを明かし、

「一番最初に1年間以上かけてひとつの役を作るという作業を丁寧に行えることが、"表現"というものを学べる貴重な機会だった」

 と演技についても話していた。

■過酷な現場に鈴木は耐えられるか?

「今回の対談で、その件に軽く触れてから、“ボロクソにダメ出しされてケチョンケチョンにされるって!”と阿川さんが話すと、福くんは“乗り越えられる自身があります”としたうえで、これまでの役者人生はすべて“『仮面ライダー』になりたいという夢のためだったと言ってもいい”“すべてのモチベーションがそこに向かってます”と言い切ったんです。福くんにはぜひ頑張って欲しいところです。仮面ライダーの現場は、本当にハードですからね……」

 18年にネットコンテンツ『東映特撮ファンクラブ』で配信された『仮面ライダージオウ』の裏話を語る企画では、2号ライダー『ゲイツ』を演じた押田岳(24)のあるワンシーンのスケジュールを明かし、

「朝から2時間かけてロケ場所に行く→5時間待ちで撮影→2時間かけて帰宅→該当シーンが尺の都合で全部カットされて1日の苦労がパーに」

 という悲しい“あるある”を『ジオウ』キャストが自虐的に紹介していたりと、「朝から晩まで忙しい」という話は多いが、阿川の言うように監督の痛烈なダメ出しエピソードも、多く残されている。

「竹内涼真は、『ドライブ』東映公式サイトでの最終回記念記事で、“パイロット版(1・2話)の際には、田崎監督に怒られない日がなかった”“最初はセリフも、アフレコも、表情のお芝居も誰よりも注意されていた竹内くん”と、大森敬仁プロデューサーが振り返っていました。とりわけ石田秀範監督には“死んだ魚の目をしている”“芝居がつまらない”というダメ出しもあったと19年に『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で明かしています」

 そのほか、生身の役者にアメリカ仕込みの凝ったワイヤーアクションをやらせる坂本浩一監督や、「水はいろんな表情が出せる」という理由で、冬場も容赦なく役者をずぶ濡れにする諸田敏監督といった多数の監督がいる仮面ライダーの現場。はたして鈴木は、大丈夫なのだろうか?

■仮面ライダーピザを目指せ!

「竹内や菅田もそうでしたが、特に主演の仮面ライダー俳優は、基本的に役者として素人同然の状態で起用されるんです。それだけに、精神的な疲労もふつうの役者の比じゃない。裏を返せば、場数を踏んでいる福くんは、すでにゆとりを持って撮影に臨める、ということになる。むしろ主役より2号、3号ライダーのほうが、未熟な主演の演技をカバーできていいかもしれませんね」

 赤楚衛二(27)や犬飼貴丈(27)が出演していたことで有名な17年の『ビルド』は、メインキャスト全員が演技慣れしていた異色作。仲間で食事したり遊んだりと、余裕を感じさせる姿をしばしばSNSなどで投稿していた。

「今回の対談で福くんは“3年くらい前から、アクションのために空手を始めた”と話していますからね。意気込みは十分ですよ。ちなみに、同じ元子役俳優の濱田龍臣(20)は『ウルトラマン』の大ファンで、子役時代の2010年に映画『ウルトラマンゼロTHE MOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国』に出演し、17年にはテレビシリーズ『ジード』で歴代最年少の16歳で主演を務めました。福くんも、そうなれるといいですね」

 ちなみに、鈴木は幼少期にしばしば「普段はピザの配達をしていて、悪者がいると変身する『仮面ライダーピザ』」というオリジナルライダーになりたいと語っていた。

 7月22公開の映画『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』で“謎の少年”役で憧れの『仮面ライダー映画』への出演を果たした鈴木。6月25日に鈴木はこの件をインスタグラムで、

「5年前の45周年の時に雑誌のコメントで『50周年の時にはどんな役でも出たい』と言っていたのを、叶えていただいて…」

 とつづっている。

 着実に夢をかなえている鈴木。次はぜひとも、仮面ライダーに変身してほしい!

関連リンク

  • 7/9 11:15
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます