ヘタフェ、バルサMFアレニャを完全移籍で獲得か…5年契約締結へ

拡大画像を見る

 ヘタフェが、バルセロナに所属するスペイン人MFカルレス・アレニャを完全移籍で獲得することに近づいているようだ。8日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 報道によると、ヘタフェは500万ユーロ(約6億5000万円)の移籍金でアレニャを獲得することでバルセロナと基本合意に達したという。なお、同選手とは5年契約を締結することになるようだ。

 現在23歳のアレニャは、バルセロナの下部組織出身。2016年11月のコパ・デル・レイ(国王杯)にてデビューを果たし、同試合で初ゴールも決めた。その後はトップチームとBチームの間を行き来しながら2年間を過ごし、2018-19シーズンからトップチームに昇格した。2019-20シーズン途中にはベティスにレンタル移籍し、2020-21シーズン途中からは日本代表MF久保建英と同時期にヘタフェへレンタル移籍で加入。ヘタフェではリーグ戦22試合の出場で2ゴール2アシストを記録した。

 レンタル移籍期間は6月30日までですでにヘタフェとは契約満了を迎えていたアレニャだが、2021-22シーズンも同クラブでプレーすることになりそうだ。

関連リンク

  • 7/9 11:05
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます