NHK『花郎』だけじゃない!「顔面天才」、EXOらK-POPスターが躍動する「韓流イケメン時代劇」の沼魅力

拡大画像を見る

 現在、NHKBSプレミアムで放送中の『花郎 希望の勇者たち』は、韓国で“視聴率キング”と呼ばれる俳優パク・ソジュンを主演に、アイドルグループZE:A出身のパク・ヒョンシク(29)、BTSのテテことV(25)、SHINeeのミンホ(29)とキラキラした王子様オーラを放つK-POPスターたちを集めたことにより、美しく華のある作品になっている。

 韓国の時代劇というと、以前は中高年世代が観る番組というイメージだったが、元東方神起のユチョン(35)、『ヴィンチェンツォ』のソン・ジュンギ(35)らが出演した2010年の『トキメキ☆成均館スキャンダル』以降、イケメンたちが活躍する青春ラブストーリーとして、若い世代にも人気が高い注目のジャンルとなった。

 韓流情報誌『韓国TVドラマガイド』では、K-POPのトップスターやアイドルたちが時代劇に出演することに注目して、これまでにもたびたび特集を組んでいる。

「K-POPのメンバーたちはもともと身体能力が高く、時代劇で剣を持たせたりするとハマります。日頃からダンスなどの厳しいレッスンをしているので、アクションのコツをつかむのも早いのでしょう。韓服姿で剣を手にしてアクションを繰り広げる姿は、華やかで美しくて、見応えがあります」(『韓国TVドラマガイド』編集部スタッフ)

■超イケメン、“顔面天才”のASTROチャウヌも時代劇に挑戦!

 東方神起のユンホ(35)は『夜警日誌』で王直属の武官を、同じくチャンミン(33)は『夜を歩く士<ソンビ>』で遊び人を装い悪人を討伐する朝鮮の王子を演じていた。元東方神起、JYJのジェジュン(35)は『Dr.JIN』でヒロインの一途に愛する武官を好演し、劇中で存在感を示した。ほかにも、ジョン・ヨンファ(32)の『三銃士』をはじめ、CNBLUEのメンバーは皆、時代劇経験者だ。若手に目を向けると――。

「最近では、 “顔面天才”と称されるASTROのチャウヌ(24)が、ネットフリックスで配信された『新米史官ク・ヘリョン』で、恋愛小説家という裏の顔をもつ問題児の王子を演じています。

ASTROチャウヌ『新米史官ク・ヘリョン』 写真出典:MBC

 また、演技派として評価の高いEXOのド・ギョンス(D.O./28)は『100日の郎君様』でツンデレ王子をコミカルかつ愛らしく表現していました。

 Wanna one出身のパク・ジフン(22)も、『コッパダン〜恋する仲人〜』で朝鮮時代のファッションリーダーという役どころがピッタリでした。

 現在は入隊中ですが、INFINITEのキム・ミョンス(エル/28)も『仮面の王 イ・ソン』と『暗行御史:朝鮮秘密捜査団』の2作でワケありキャラの切なさを美しく魅せています。俳優としてこれからの活躍が楽しみな1人で、早くも除隊が待ち遠しいですね」(同編集部スタッフ)

INFINITEキム・ミョンス(エル)『暗行御史:朝鮮秘密捜査団』 写真出典:KBS

 韓国の時代劇は現代劇以上に撮影がハードで、言葉遣いや流儀など、先輩俳優から学ばなければならないことも多い。そのため、若手が演じるのはとても大変なジャンルだと言われている。その中で、演技経験も少ないK-POPのアイドルたちが活躍できる理由とはなんだろうか。

「K-POPのアイドルたちは、若い頃から練習生として集団生活にも慣れており、トレーナーから厳しい指導を受けることにも耐えてきています。なので、大変な時代劇の撮影現場にも順応しやすく、そのため先輩俳優やスタッフたちからも可愛がられるケースが多いと聞きます」(同編集部スタッフ)

■イケメン皇子が集団で登場!『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』

 日本では今、『花郎』が話題になっているが、K-POPスターが出演しているオススメ時代劇はほかにもまだたくさんある。

「『花郎』同様、イケメン集団が出てくる『麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』では、ベクヒョン(EXO/29)がやんちゃで甘えん坊の第10王子を愛嬌たっぷりに演じていたのが印象的です。日本でも人気が高い主演のイ・ジュンギ(39)をはじめ、出演俳優たちも皆それぞれ魅力的なので、推しの皇子を誰にしたらいいか迷ってしまいます。

 ZE:A出身のイム・シワン(32)は、『太陽を抱く月』でメインキャラの少年時代を演じてドラマデビューしましたが、その時「あのキラキラした子は誰?」と話題になりました。わずかな出演シーンで、イケメンオーラを放ってしまうのは、さすがアイドルですね。その後、彼は『王は愛する』では、少女時代のユナ演じるヒロインを愛する高麗の王子を担っています。

 イム・シワンに限らず、K-POPのスターたちは、美しさ、華やかさはもちろん、高貴さや憂いもあり、時代劇にぴったりなんですね」(同編集部スタッフ)

■2PMジュノ除隊後復帰作も、SF9ロウン最新作も時代劇

「2PMでは、チャンソン(31)が『七日の王妃』で王子の義理堅き友で護衛を演じていました。ヒゲをたくわえてタフな感じがとても素敵で、さすが“野獣アイドル”2PMだなと思いました。

 同じく2PMのジュノ(31)は、除隊後の復帰作として、朝鮮王朝時代の名君として名高いイ・サンの恋物語『服の袖、赤い袖口(仮題)』への出演が決まっています。イ・サンは、『愛の不時着』のヒョンビンも映画『王の涙―イ・サンの決断―』で演じていました。ジュノがどんな役どころになるのか、とても楽しみです。

『偶然見つけたハル』で、次世代俳優として人気急上昇中のロウン(SF9/24)も、新作に時代劇を選択しています。男装して王子になりすましたヒロインの、師匠を演じるということなので、眉目秀麗・文武両道な時代劇イケメンを拝めそうです」(同編集部スタッフ)

 ルックスに華があって、身体能力が高くアクションができて、合宿生活やグループ活動の経験から共演者や先輩俳優たちとのコミュニケーションもとれるK-POPスターたち。これからも彼らが難しいと言われる韓国時代劇に抜擢される傾向は続きそうだ。

関連リンク

  • 7/9 11:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます