小林よしのりさん「都議選で負けたからか、政府がどんどん狂っていく」「もはや暴力団も真っ青の無法権力である」ブログで厳しく批判

拡大画像を見る

7月8日、漫画家の小林よしのりさんがブログを更新。

政府の狂気は最高潮に達したか?
https://yoshinori-kobayashi.com/22941/[リンク]

というエントリーをアップした。

都議選で負けたからか、政府がどんどん狂っていく。
東京五輪の期間中を丸ごと緊急事態宣言下にするとか、そのままお盆も潰してしまうとか、五輪を完全無観客でやるとか、酒類提供店との取引停止を販売事業者に要請するとか、もうどういう法の根拠で、ここまで暴力的なことが出来るのか見当がつかない!

と、発出される予定の緊急事態宣言とそれにまつわる政府の方針について厳しく批判。

もはや暴力団も真っ青の無法権力である。

との文言も。そして

法の知識を身に着けて、この狂った公共と戦おう!

と結んでいた。

また、同日「ゴー宣ネット道場」には

明日7月9日14時~、グローバルダイニングvs東京都、第2回期日!@東京地裁708号法廷
https://www.gosen-dojo.com/blog/31537/[リンク]

という、グローバルダイニング社の代理人をつとめる倉持麟太郎弁護士のブログエントリーも投稿されている。こちらは、時短命令にまつわる違憲訴訟を行っているグローバルダイニング社についての内容。こちらの訴訟の行方にも注目したい。

※画像は「小林よしのりオフィシャルwebサイト」より

関連リンク

  • 7/9 8:36
  • ガジェット通信

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます