西野七瀬と戸田恵梨香が「ハコヅメ」で見せた怪力に永野芽郁もびっくり?

 まさか女子二人に軽々と持ち上げられるとは。当の永野芽郁も驚いていたのではないだろうか。

 7月7日にスタートしたドラマ「ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜」(日本テレビ系)では、新米警官の川合麻依(永野)が、刑事課から交番勤務に異動してきた藤聖子(戸田恵梨香)とバディを組むことに。独身寮で隣同士の二人は、刑事課で藤の後任となった牧高美和(西野七瀬)を交えた3人で女子会飲みをすることとなった。

 ここで麻依は、父親の勧めで警察官になった経緯を明かし、その父親から送られてきた日本酒を二人におすそ分け。しかし場面が変わると酔いつぶれていたのは麻依のほうだったのである。

「フローリングに寝そべる麻依。まだ素面同然の二人は聖子が上半身を、美和が下半身を抱えて麻依を持ち上げ、ベッドに寝かせました。この場面では床から持ち上げ、ベッドに投げ捨てるまでの一部始終が映っており、戸田と西野が意外な怪力ぶりを披露する形となったのです。パッと見は小がらな永野ですが、実は163センチと意外な長身。体重こそ43キロとスレンダーですが、それでも女子二人で簡単に持ち上げられるような軽さではありません。そんな永野をしゃべりながら持ち上げたシーンには、戸田と西野が警察官役を演じるリアリティが詰まっていたのではないでしょうか」(テレビ誌ライター)


 視聴者からは<俺も永野芽郁ちゃん持ち上げたい!>と違った視点からの感想も。一方で西野の体力に驚くファンも少なくなかったようだ。

「元乃木坂46の西野はグループ入りした17歳当初を振り返り、『当時は体力が全然なかった』と語っていたこともあります。それが今回、戸田ほど軽々ではなかったものの永野の両脚を抱え込んで持ち上げていた姿に、体力面も含めた成長を感じ取ったファンも多かったことでしょう。2019年のドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)ではシリアルキラーとして被害者を引きずって歩くシーンもあるなど、様々な演技を通じて体力を向上させたのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 女性警察官が主役のドラマとあって、今後も体力を見せるシーンが多そうな「ハコヅメ」。次はサーフィン好きの永野が怪力を発揮する場面にも期待したいところだろう。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 7/9 8:00
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます