「おまえら見とけよ」セクゾ中島健人、SMAP、嵐へのバチバチ対抗心の理由

拡大画像を見る

 7月4日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)で、モデルの冨永愛(38)の反骨精神に、Sexy Zoneの中島健人(27)が深く共感する場面があった。冨永は林修(55)との対談企画に登場。15歳のときに雑誌『プチセブン』(小学館)でモデルデビュー、18歳で初めてパリ・コレクションに出演するなど、アジアNo.1カリスマモデルと呼ばれるまでになった経緯について紹介された。

 冨永は2020年10月に、およそ10年ぶりにパリコレへ電撃復帰したが、当時37歳でのパリコレ出演は異例だったという。冨永は、2年前に同番組で行われた人気企画「パリコレ学」の特別講師として出演したが、それが再挑戦するきっかけになったと語った。

 冨永は「174身長があった、14、15歳の私が、もう本当に自分のことが大嫌いで」「何をするのも嫌で、学校に行くのも嫌だ、友達と遊ぶのも嫌だ」と長身コンプレックスがあり、高身長の男性とつきあいたいと思っても、小さい女の子が好みだという理由で断られたこともあったと語った。そうした辛い毎日を送っていたが、15歳のときに姉の提案でモデルに。17歳のときに世界的カメラマンが撮った90年代ギャル女子高生風の写真が、ファッション誌『VOGUE』(コンデナスト・ジャパン)に掲載され、これをきっかけにニューヨークのモデル事務所から声がかかり、世界へとはばたいた。

 パリコレデビュー後について、冨永は「今の歳になって振り返ればいい思い出いっぱいあったなって思うんですけど、事実は9割辛かった」と語り、モデルの世界は厳しい世界で弱肉強食だと説明。「1秒2秒3秒でジャッジされてしまう世界だった」「絶対負けないっていう思いが出てくる」と明かし、「その絶対負けないっていう思いが、私をここまで引っ張ってきたんです」と続けた。

■中島健人の「おまえら見とけよ」精神

 その思いは今も変わらず、10~20代のモデルが活躍するパリコレに戻った冨永は、常に「勝ち取ってやる」「ぶっちぎりでトップですよね、私が」という気持ちでやっているという。これをスタジオで聞いた中島は、「ジャニーズJr.も、パリコレのオーディションと似てるので、“絶対負けない”“おまえら見とけよ”精神っていうのはすごく共感できる」と感心。

 中島は「先輩は先輩だけど、やっぱライバルだと思わないといけない。だから僕もJr.からデビューしたときはSMAP、嵐はもうライバルだと思ってましたね」と振り返った。そのため、SMAPや嵐にあいさつしながら、心の中では「絶対いつか越えてやる!」と対抗意識を燃やしていたと語った。

 そんな中島の言葉に、視聴者からは「そういう気持ちがあるから今のケンティがあるんだね」「ただの負けず嫌いじゃないところがかっこいい」「SMAP、嵐はライバル、いつか越える! これを言えるケンティーがすごい」「その覚悟分かってるよ」「そうでないとジャニーズで有名になれないよな」など、さまざまなコメントが上がっていた。

 そんな中島は、現在放送中のドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)で小芝風花とダブル主演を務めている。ドラマでは、超イケメンエリートな有名ファッション誌の副編集長、の長谷部宗介を演じている中島。ドラマのプロモーションの一環で、中島は役名でインスタグラムを開設。

 フォロワーからのコメントもチェックしているといい、7月5日に行われたドラマのリモート取材で、「コメントも気を抜かないでください」とファンにメッセージを送っていた。Sezy ZoneとしてはSNSをやっていないが、負けず嫌いな中島なので、厳しいコメントがあればかえって燃えちゃうかも!?

関連リンク

  • 7/9 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます