英ファンによるレーザーポインター、発煙筒の使用と国歌妨害…UEFAがFAを告発

拡大画像を見る

 欧州サッカー協会(UEFA)は8日、7日に行われたEURO2020準決勝でイングランド代表ファンがデンマーク人GKカスパー・シュマイケルの顔に向けてレーザーポインターを当てていたことなどを受けてイングランドサッカー協会(FA)を告発した。

 イングランドとデンマークの一戦は1-1で延長戦へ突入。104分にはイングランド代表FWラヒーム・スターリングがエリア内で倒されたとしてPKを獲得した。PKはシュマイケルが一度弾いたものの、FWハリー・ケインが再び押し込んでこれが決勝ゴールとなった。

 しかしPKの直前にはシュマイケルの顔に緑色のレーザーポインターが当てられており、カメラにも捉えられていた。またUEFAは、イングランドサポーターによる試合前のデンマーク国歌斉唱中の妨害行為(ブーイング)と発煙筒の使用にも言及し、今後UEFA規律倫理懲戒委員会(CEDB)によって処分が決定されるようだ。

関連リンク

  • 7/9 6:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます